冬の定番アウター、ダッフルコートの選び方と大人っぽくかっこいい着こなし術を紹介!

sponsored link

メンズの冬の定番アウターといえば、ダッフルコートですよね。

やはり、メルトン素材のアウターは暖かいですし、

一つ持っていると便利ですよね。

持っている方も多いと思いますし、

これから買おうと思っている方も多いと思います。

 

でも、

 

「買ってみてはいいものの、どのように着こなせば良いかわからない」

「どのようなダッフルコートを買えば良いかわからない」

 

という方も多いと思います。

ダッフルコートは、子供もよく着ているアウターなので、

一歩間違えてしまったら子供っぽく見えてしまいますよね。

そこで、今回はダッフルコートの選び方、

大人っぽくかっこいい着こなし術を紹介していきたいと思います。

 

ダッフルコートの選び方

まず、ダッフルコートとは、

もともと北欧の漁師の仕事着として親しまれていました。

手袋をしたままでもボタンの留め外しができるトグルが評価され、

第二次世界大戦ではイギリス海軍が軍服として採用しました。

一般的なトグルは、木製の浮きと水牛の角ですが、

もともとは漁師の仕事着という事で、

木製の浮きをそのままボタンにしていました。

丈が長いのが一般的なダッフルコートですが、

最近の若者の中では、

丈が短いショート丈の物もジャケット感覚でよく着られています。

(コムサイズム)comme ca ism ダッフルコート 47-21WJ05 09 ネイビー S

 

 

色の選び方

現在では、キャメル、紺、黒、グレー、赤、青、緑など

様々な色の物が展開されていますが、代表的なのはキャメルです。

もともとドイツ軍の名将ロンメル将軍を討ち破ったことで、

名高い人になったイギリス軍のモントゴメリー将軍が

キャメル色のダッフルコートを着ていたことで、

ダッフルコートを世に知らしめました。

 

なので、ダッフルコートといえば「キャメル」という方が多いようです。

色の好みは、人それぞれですが、もしも色で迷っているという方は、

キャメルを選んでみてはいかがでしょうか。

 

形の選び方

形は、ロング丈とショート丈、トグルが木製の浮きか水牛の角ですね。

私なら、オリジナルに従ってロング丈で木製の浮きを選びます。

もっとカジュアルに着たいという方は、

ショート丈、大人っぽく着たいという方は、

水牛の角選んでみてはいかがでしょうか。

sponsored link


 

着こなし方

ダッフルコートは、カジュアルに着すぎると子供っぽく見えてしまうので、

基本的には大人っぽい服と合わせるといいでしょう。

 
インナー
シャツの上からセーターを着るのがおすすめです。

さらにネクタイを締めて首元からチラッと見せると、

より大人っぽく見えます。

注意点としては、

セーターじゃなく、カーディガンを着てしまうとカジュアル感が出てきてしまうので、

ここはセーターにこだわった方がいいと思います。

※色の例

キャメルのダッフルコートの場合

青系シャツ+赤系のセーター+グレーのネクタイ

紺のダッフルコートの場合

白いシャツ+グレーのセーター+赤系のネクタイ

(モノマート) MONO-MART 5色 ウール混 肉厚 ニット メルトン ロング ダッフルコート コート デザイナーズ マスタード Mサイズ

 
パンツ
デニム、チノ、スラックスですね。この3つは鉄板です。

色は、紺色のダッフルなら、ベージュかグレーのチノ、スラックス。

キャメルのダッフルなら、紺かカーキのチノ、スラックス。

デニムの場合は、あまりダメージの無い色の濃いのを選ぶと良いでしょう。

 
大人っぽい革靴を選ばれるといいと思います。

チャッカブーツやドレスシューズ、レースアップシューズ等。

私のおすすめは、

フランスのパラブーツというブランドのシャンボードというモデルです。

大人っぽすぎない革靴なので、

ダッフルコート以外のアウターにも合わせやすい靴になっています。

(パラブーツ)Paraboot CHAMBORD/シャンボード Uチップ レザーシューズ・710708・710709<7.5(26.0cm)><marron(710708)>

 

以上が、ダッフルコートの選び方、

大人っぽくかっこいい着こなし術でしたが、いかがでしたでしょうか。

ダッフルコートは、フードもついていて、

ロング丈の物を買えば防寒着としては最適です。

妥協をしないで良いものを買って一生着てみてはいかがでしょうか。


sponsored link

コメントを残す