お正月、おせち料理の意味やおかずの種類について紹介!

sponsored link

あと少しで、今年も終わってしまいますね。

お正月の準備といえば、やることがたくさんあると思いますが、

おせち料理もその一つではないでしょうか。

お正月が近づいてくると、

お店で買われる方通販で取り寄せる方

いらっしゃると思いますが、

一番は、やはり古くからの教えに従って、

自分達で作られる方が多いのではないでしょうか。

おせち料理はおかずの種類が多いため、

作るのが大変ですが

自分で作りたいという方もいらっしゃると思います。

しかし、いざ作るとしても

 

「何を作ればいいかわからない」

「どんなおかずがあったか覚えていない」

「おかずの入れる順番がわからない」

 

という方も多いのではないでしょうか。

特に今年のお正月に初めて作るという方や新婚で嫁いだばかりのお嫁さんは、

今まで見るというよりも食べる方に専念されていたかと思います。

そこで、今回は

おせち料理の意味おかずの種類について紹介していきたいと思います。


板前魂 おせち 板前魂の慶 和洋風五段重 5人前



 

おせち料理とは

おせち料理とは、現在では正月に食べるお祝いの料理とされていますが、

そもそも「おせち」とは本来、暦上の「節句」のことを指します。

「節句」とは、自然の恵みや収穫に感謝して神様に供えたものと言う意味です。

その際に食べる料理をおせち料理と呼んだため、

現在では、節句の一番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われています。

 

供えたものを料理して、豊作、大漁を願い、

自然の恵みに感謝して食べる料理を

「節供料理」、これがおせち料理の始まりです。

おせち料理は「めでたさを重ねる」という意味で

縁起をかつぎ、重箱に詰めて出されます。

基本は四段重ねで、一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。

四段目のお重を「四の重」と言わないのは

「四」「死」を連想させ縁起が悪いとされているからだそうです。

 

一の重:黒豆、数の子、田作り等の祝い肴を入れる。

二の重:栗きんとんや伊達巻のような甘いもの中心を入れる。

三の重:海老や魚、アワビ等の焼き物等の海の幸を入れる。

与の重:れんこん、ごぼう等の野菜類の煮物を山の幸を入れる。

 

定番おかずの種類と意味

 

栗きんとん:黄金色に輝く財宝にたとえて、

豊かな1年であるようにという願いが込められています。

田作り:文字どおり、田んぼの豊作を願っています。

黒豆:一年中丈夫で、まめまめしく働けますようにとの願いが込められています。

昆布:「よろこぶ」というゴロあわせからきています。

海老:海老のようにひげが延び、腰が曲がるまで生きられるようにとの長寿への願いです。

数の子:卵が沢山つまっているところから、子孫繁栄の願いです。

菊花かぶ:消化によい栄養素を含み、ご馳走の中の箸休めとして入っています。

錦玉子:金、銀、錦にたとえて黄身と白身の2色が美しい錦玉子は、

その2色が金と銀にたとえられています。

紅白蒲鉾 :紅は、めでたさと喜びを表し、白は、神聖を表すとされています。

ごぼう:たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、

身を開いて、開運の縁起をかついだもの。

れんこん:穴が空いているため

「将来を見等せるように」という願いが込められています。

八ツ頭:小芋がたくさん実ることから

「子宝」、「子孫繁栄」という願いを込めています。


sponsored link



 

以上が、おせち料理の意味、おかずの種類でしたが、

いかがでしたでしょうか。

毎年、お正月に

「当たり前のように食べていたおせち料理に

こんな意味が込められていたなんて知らなかった」

という方も多いのではないでしょうか。

 

改めて、日本の真面目さが実感されたかと思います。

日本は、

本当に古くからの教えを当たり前のように続ける真面目で素晴らしい国ですよね。

ちなみに最近では、海外からも注目されているみたいです。

 

日本の伝統を守り、

美味しいおせち料理を作って、楽しいお正月を迎えましょう!

 


sponsored link

コメントを残す