お正月、お年玉の相場っていくらなの!?小中学生編

sponsored link

お正月といえば、いろいろな準備があって大変忙しい時期ですが、

子供からすれば一年で一番楽しみなイベントがあるのではないでしょうか。

そうです。

「お年玉」ですね。

 

私も子供の頃は、お正月が来るのを待ちわびていました。

毎年、12月ぐらいになると、何を買おうか悩んだものです。

しかし、今では貰う方ではなく、渡す方になってしまい、

当時の親や親戚等のありがたみがわかってきました。

ただ、いざ渡すとなっても、

小学生中学生っていくらぐらいお年玉を渡せばいいかわからないですよね。

 

そこで今回は、

私なりにインターネット等で小学生、中学生のお年玉の相場

調べてみましたので紹介させていただきます。

小学生と言っても低学年、高学年がありますよね。

低学年、高学年でお年玉の相場は、変わってくるものですし、

1年生と6年生のお年玉の金額を一緒にするのは、

さすがに厳しいと思うので、

小学生は低学年、高学年に分けさせていただきました。

お年玉袋 金のぽち袋 座り ひつじ 【10枚入】紙幣三つ折タイプ

 

低学年の相場

世間的には、小学生からあげる方が多いみたいですね。

小学前には、お金をあげてもあまり理解できないみたいなので、

オモチャお菓子をあげるところが多いみたいです。

確かに、小さい時にお金をもらっても

お母さんのお財布の中に入っちゃうだけですもんね。

 

1年生、2年生、3年生の低学年の相場について紹介していきます。

およそ、1,000円〜3,000円を渡す方が多く、

その中でも一番多かったのは、3,000円でした。

彼らからしたら大金ですよね。うまい棒30本も買えちゃいますよね。

小学校1年生の子には1,000円、

もしくは、1,000円以下という方も多いみたいです。

小さくて可愛らしい封筒に入れて渡してあげてください。

 

高学年の相場

高学年は4年生、5年生、6年生ですね。

高学年になると、急激に成長し、

お金の使い方も変わってくる年になりますね。

特に都会の子は、大人びてくる年頃ではないでしょうか。

ズバリ、高学年は3,000円〜5,000円という方が多かったですね。

さすがに1,000円以下は、厳しいようです。

 

高学年になると、お年玉を握りしめてオモチャ屋さんに行き、

自分でゲーム等を買っている子をよく見ますよね。

女の子だと、自分で洋服やアクセサリーを

買っておしゃれに目覚める頃ではないでしょうか。

 

中学生の相場

中学生になると、お金を使う場面がたくさん増えてくると思います。

なので、小学生のときの金額から一気に跳ね上がるご家庭もあるみたいです。

金額は、5,000円〜10,000円です。

中学生になると、部活動の道具参考書なのでお金を使うため、

少し高額になるみたいですね。

 

確かに、私も部活の後にみんなで飲み物買って帰ったり、

塾の帰りに肉まん買って食べて帰ったりしていました。

このような経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

また、中学生になると女の子だけでなく、

男の子もおしゃれに目覚める頃ではないでしょうか。

友人と街に出かけて、一緒に服を買いに行ったり、

ついでにご飯も食べてきたりする年頃ではないでしょうか。

それでは、なぜおしゃれに目覚めたか、それはモテたいからですよね。

今時、中学生になると恋人がいてもおかしくありません。

恋人と映画を見に行ったり、

ご飯を食べに行くだけで結構な出費があるものですので、

小学生の頃よりは、少し金額を上げてあげましょう。

sponsored link


 

以上が、小学生、中学生のお年玉の相場でした。いかがでしたでしょうか。

お年玉の相場って難しいですよね。

少なすぎたら可哀想ですし、多くあげすぎても、

その子の生活のバランスが崩れてしまいますよね。

お年玉を渡す方になったら、こんなに大変だとは思いませんでした。

今回、ご紹介させていただいた相場は、

インターネット等を見てまとめさせてもらった相場なので、

間違いないと思います。

それでは、みなさん楽しいお正月を迎えてください。

 


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です