年末大掃除!お掃除のコツや便利グッズを紹介!

sponsored link

もうすぐ、今年も終わってしまいますね。

年末が近づいてくると、新年を迎える準備等で忙しくなってきますよね。

大掃除もその一つだと思います。

大掃除は、正直大変ですが1年に1回の恒例行事なので、

毎年掃除される方も多いのではないでしょうか。

しかし、

一人暮らししたばかりの方や

今まで大掃除をした事が無いという方もいらっしゃると思います。

 

「大掃除したいけど、やり方がわからない」

「どのような道具を使えばいいかわからない」

 

という方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか。

そこで、

今回は大掃除の基本的なコツ、大掃除の便利グッズを紹介していきたいと思います。

 

大掃除とは

日本で「掃除」が用いられ始めたのは平安時代以降のことで、

大掃除もその頃に生まれた風習です。

本来の大掃除は、

12月13日から行われる行事ですが現在では、

ほとんどのご家庭が12月28日に大掃除を行っていると思います。

お正月の神様を迎える準備として、

一年の煤を払い、家を清めていたとの事です。


sponsored link




 

大掃除のコツ

 

計画的に行う

「目に付いた所から、掃除する方が早い」

と思われる方も多いと思いますが、

大掃除は家の各所を全て掃除する行事なので、

どこを掃除したかわからなくなってしまうと思います。

大人数で掃除を行うと余計わからなくなりやすいと思いますので、

計画表を作って順番を決め、

チェックを入れていく方法が一番無難でテキパキとこなせるでしょう。

 

また、ベランダや庭のお掃除は寒くなる前、

もしくは積雪地方では、雪が降る前に済ませておくことがおすすめです。

ベランダの掃除の際には、天候に注意しましょう。

雨の日は掃除ができないですよね。

また、風の日はホコリが舞ってしまい、一度捨てても、また集まってしまいます。

12月上旬に済ませておくと後から楽ですよね。

 

お掃除をする順番を把握しておく

お掃除をする順番があるのをご存知でしょうか。

「奥から手前へ」、「上から下へ」

この順番を把握しいているのと把握していないのとでは、効率に大差がでます。

「奥から」というのは、玄関から見て一番遠い場所のことです。

最終的に溜まったほこりを掃き出すのは玄関なので、

奥から掃除していった方が、効率が良いということになります。

「上から下へ」は、その言葉の通りです。

床から掃除しても、

その後に棚等を掃除してしまうとほこり等が床に落ちてしまい、

二度手間になってしまいますよね。

 

面倒くさい所から始める

人それぞれですが、掃除するのが嫌な場所ってありますよね。

例えば、トイレやお風呂みたいな狭い場所は、どうしてもやる気が出ません。

最終的にそのような場所は、最後になってしまう事が多いですよね。

でも、よく考えてみてください。

リビングやキッチン、子供部屋等を全部終わらせてから、

その場所を掃除するのは体力的にキツイですよね。

なので、先にそのような場所を片付けてしまえば楽ですよね。

掃除に対するモチベーションも持続しますし、おすすめです。

 

お掃除便利グッズ

 

BLACK&DECKER スチームモップ

高音のスチームをかけて、床を除菌しながら綺麗にできるスチームモップ。

また、ハンディータイプに取り外せ、壁にまで使えるという優れものです。

BLACK&DECKER 2in1 スチームモップ&クリーナー FSM1210
BLACK&DECKER 2in1 スチームモップ&クリーナー FSM1210

 

お願いだからほっといて

納豆菌の仲間のBN菌がヌメリを栄養に繁殖し勝手に掃除してくれるという洗剤

「お願いだからほっといて」

何もしないのに勝手に綺麗にしてくれるので

排水口に入れといて、他の掃除できますね。

お願いだからほっといて 流し台・排水管用 1000ml
お願いだからほっといて 流し台・排水管用 1000ml

 

激落ちくん

お掃除好きなら、誰でも知っている「激落ちくん」。

見たことがある方も多いのではないでしょうか。

特殊な洗剤がスポンジの中に入っているため、

水で濡らすだけであらゆる汚れを取ることができる優れものです。

激落ち ポイポイ
激落ち ポイポイ

 

以上が、大掃除の基本的なコツ、大掃除の便利グッズでした。

気になるコツ、グッズはありましたか。

掃除は掃除ですが、

ちょっとしたコツ一つで効率が良くなるものばかりだったと思います。

是非試してみてください!

 


sponsored link

コメントを残す