本命バレンタインチョコレートの渡し方と告白セリフの真相に迫る…

sponsored link

バレンタインデーと言えば、告白がつきものですよね。

世間的には、男性から女性に告白する風潮がありますが、

バレンタインデーという絶好の告白のシチュエーションを利用して、

女性から男性に思いを告げる女性陣も多いかと思います。

男性陣も、「ずっと好きでした。」と告白される夢を一度は抱いたり、

はたまた、周囲には義理チョコを配る中で自分だけは本命チョコレートが貰えるのではないか、

と、期待したりと妄想を膨らませたりしますよね。

そこで、今回は、本命バレンタインチョコレートを渡し方と告白のセリフについて真相に迫りたいと思います。

 


 

 

義理チョコを配る中、好きな人には手作りチョコレートを渡す
 

最近では、友チョコの文化が浸透しつつあり、

女性同士でチョコレートを渡しあったりしてますよね。

それから、チョコレートをつくることに楽しさを覚え、

たくさんのチョコレートをつくり、

友チョコないし義理チョコとして配り歩く女性も見かけるようになりました。

学生ならば教室で、社会人であれば職場でそういった光景を見ることも、

しばしあるのではないでしょうか。

ただし、チョコレートは、袋から箱を取り出し、箱を開けるまで、

中身が義理チョコなのか、それとも本命チョコレートなのかはわかりませんよね。

そこで、本命の男性には、義理チョコを配るフリをして、

実は、手作りチョコレートだったいう演出をすることで、

特別感が生まれるのではないでしょうか。

手作りチョコレートを貰った時点で、

男性陣はうっすら気づいていると思いますが、

「放課後、○○で待ってます。」

「仕事終わり、○○で待ってます。」

と、手紙を添えて、告白することも良いかも知れませんね。

 
自信が無いんだけどと言いながら手作りチョコレートを渡す
 

「自信が無いんだけど…」という言葉には、

2つの解釈があると思います。

一つは、本当に自信が無いという解釈。

もう一つは、自信はないんだけど、一生懸命作りました、という解釈です。

自信がないなりにも、

一生懸命作ったことを相手の男性に伝えることが出来れば、

気持ちが伝わると思いますし、

また、男性陣は、その手間ひまかけて作ったことを想像するだけで、

けなげな感じも伝わっています。

ですので、仮に自信があっても、

「自信が無いんだけど…」という言葉を添えて、

本命チョコレートを渡してみてはいかがでしょう。

 
目を見つめながら「好き」と言って渡す
 

「目を見ながら」がポイントですよね。

本命チョコレートを渡す段階で、

相手に対して、意思表示は、示していることになります。

その中で、「好き」という気持ちを伝えるわけですが、

目を見つめながら、「好き」という気持ちを伝えることで、

本気度が相手にしっかりと伝わると思います。

その際に、「○○君」と相手の名前を呼びながら、

目を見つめると、その空間には、結構なときめきが創出されると思います。

目を見つめながら気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

 
「好き」という思いを綴った手紙を添えて渡す
 

手紙を添えることで、

義理チョコと本命チョコレートの違いを差を付けることが出来ますよね。

普段の生活で、メールや電話で連絡を取っている中で、

手紙という手段を取ることは、そこには、いつもと違う特別感が生まれます。

バレンタインというイベント行事だけでも、

一年に一度のイベントですので、特別感があります。

手紙を添えることで、さらに特別感を演出してみてはいかがでしょう。

チョコレートに手紙を添えることで、感動が生まれると思いますし、

気持ちを文章として形にして伝えることで、より一層、思いが伝わると思います。

また、一方的な片想いな場合は、

手紙の最後に電話番号やメールアドレス、LINEのIDを綴っておくと、

連絡を取り合うチャンスが生まれるかも知れません。

 
「ちょっと来て」と呼び出しをして本命チョコレートを渡す
 

「ちょっと来て」と呼び出しをした段階で、

男性陣は、ある程度、告白をされると覚悟をしますよね。

ただ、大勢の前ではなく二人きりの空間を演出することは、

人目を気にせずに自身の思いを伝えることが出来ますし、

二人きりの空間そのものが、

ときめきを引き起こすと思います。

告白は、良くも悪くも、その後の人生を左右することになりますので、

しっかりと自身の思いの丈を伝えるためにも、

二人きりの空間を演出してみてはいいかがでしょう。

 


 

 
「○○君が好きです。付き合ってください。」
 

ストレートに告白のセリフを表現することは大切なことだと思います。

下手に、「○○君のことが好きになっちゃったんだけどダメですか。」という、

どことなく相手に委ねてしまうような告白は、

相手が応えづらくなってしまう可能性があるので、

しっかりと「好きです。付き合ってください。」と気持ちを伝えてみてはいかがでしょう。

 
「連絡を待ってます。」
 

「好きです。」と告白をしたのちに、

相手の反応が困っているような様子が伺えた時には、

「返事は今ではなくて良いので…連絡を待ってますね。」という対応を取り、

相手に考える時間を与えることも必要かも知れません。

下手に、相手の返事を待っていては、

その瞬間が息苦しくなってしまいます。

また、返事を先延ばすことで、

本命チョコレートに添えた手紙を、

しっかりと呼んで貰えることにもなりますので、

告白が良い方向につながる可能性があると思います。

sponsored link


 

バレンタインはチョコレートの箱を開けるまで何が起こるか分かりませんし、

その後の人生を左右しますので、

しっかりとチョコレート、告白のセリフ、手紙の準備をして、

万全の状態でバレンタインを迎えましょう。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です