奈良、吉野山、気になる2015年度の桜の開花情報と見頃時期、周辺情報とアクセス方法!

sponsored link

春の一大イベントと言えば、「花見」ですよね。
デートで桜並木を歩き、景観を楽しむ人もいれば、
大学のサークルや職場の同僚、上司、後輩と賑やかに宴会で盛り上がると、楽しみ方は、人それぞれですよね。
そして、どこで花見をするのか、といった花見スポットも大切ですよね。
そこで、今回は、日本でも美景を垣間見ることが出来る、
奈良、吉野山の桜の開花情報と見頃時期、周辺情報、アクセス方法を紹介していきたいと思います。

 

開花予想
奈良県、吉野山観光協会が運営している公式サイトに基づくと、
桜の開花情報は、3月頃を予定しているとのことです。
ただ、同公式サイトには、過去の吉野山桜開花状況を記したページがありましたので、
これに基づいて、お伝えしたいと思います。
吉野山の開花情報ですが、直近10年間を平均すると、3月下旬に開花している模様。
ただし、年度によって、ばらつきが見られます。
寒波の有無や、気温の影響といった、不確定要素によっては、4月上旬に開花した年度も見受けられます。
当然のことですが、開花がずれ込むと、満開時期や桜吹雪の時期もずれ込みますので、
しっかりとチェックをしておくことが必要となりそうです。
ちなみに、今年、2015年度で言えば、株式会社ウェザーニュースに基づくと、
桜の開花は、例年並みもしくは少し早いと予想されているとのことでしたので、
吉野山の桜の開花は、3月下旬頃なのではないかと思います。

 
見頃時期
吉野山の桜の見頃時期ですが、桜の開花が例年並みだと仮定したならば、
4月上旬から4月下旬となりそうです。
約1か月間と見頃時期は、ほかの名所と比較しても長い期間になります。
その理由としては、一般的な平野に咲いている桜とは違い、山地に咲いていることが挙げられます。
そのため、たとえ同じ地形に咲いていたとしても、
個々で大きさに差分が生じますので、全体的に桜の時期が長くなるようです。
イメージとしては、山の下から上へと咲いていくといった所ではないでしょうか。
しかし、日本を代表する桜でもありますので、全国から見物観光客が足を運び入れます。
同時に紀伊山地の零場と参詣道の世界遺産にも認定されていることから、
外国人観光客も足を運び入れますので、当然、見頃時期は、混雑が予想されそうです。
混雑を避けるという意味では、ライトアップ時期の「夜桜」を見ても良いかも知れませんね。

 
アクセス情報

住所:奈良県吉野郡吉野町吉野山
TEL:0746-32-1007

乗用車でお越しの場合は、奈良県中心部から、1時間30分程度と言われております。
電車の場合も奈良県中心部から2時間程度の模様。
あくまで参考ですが、例年、観桜時期に合わせて、
交通規制やシャトルバスの運行が行われているようですので、チェックしておく必要性があります。

 
周辺情報
吉野名物としては、郷土料理「柿の葉すし」や「桜ようかん」、「葛うどん」は、押さえておきたいですね。
その他、吉野の桜で作った民芸品や、地酒も有名です。
記念にお土産にしても良いかも知れませんね。

sponsored link


いかがでしたか。
紀伊山地の零場と参詣道の世界遺産にも認定されている吉野山の紹介でした。
やはり、日本でも桜の名所というだけあり、全国ないし海外からも多くの見物観光客が訪れます。
まだ、訪れたことが無い人は、一度、足を運んでみてはいかがでしょう。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です