会社のOL社員さんに返すホワイトデーの金額の相場はいくら?

sponsored link

バレンタインが終われば、次は「ホワイトデー」がやってきますよね。
女性社員から頂いたバレンタインのチョコ。
当然、お返しは必須ですよね。
礼儀として、そして、社内の評価を下げないためにもホワイトデーは、返さないといけませんよね。
では、一体、どんなものを、いくらで返せば良いのか、頭を悩ませている男性陣も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、会社のOL社員さんに返す、ホワイトデーの金額の相場は、いくらなのか、真相に迫りたいと思います。

 

6割の男性がホワイトデーのお返しに悩んでいる!
 

凸版印刷株式会社が実施している「ホワイトデーに関する意識調査」に基づくと、
6割の男性がホワイトデーのお返しに悩んでいることが明らかになりました。
半分以上の男性陣がお返しのプレゼントに悩んでいるということで、
世の悩みであるということが浮き彫りになっています。
そして、悩みの種としては、
一番に、「金額相場が分からない。」ということが挙げられるようです。
同調査は、職場の女性社員に限らずということで、
母体数は、大きいですが、金額相場が分からないということは、なんとしてでも解決しなければいけないですよね。
また、2割の女性が、頂いたホワイトデーのお返しの品の値段を調べているという実態もあるようです。
つまりは、女性人としても、
バレンタインチョコに対して、いくら相当のものが返ってきたのかを調べているとのことですね、
下手に安いものは、渡してはいけないことも浮き彫りになります。
特に、20代女性に限っては、3割近くも調べているということで、より割合が高まる結果となっています。

 
半分以上の女性が、ホワイトデーのお返しに不満を感じている
 

ホワイトデーのお返しに対して、半分以上の女性が不満を感じているようです。
その要因としては、2番目に多かった内容として、
「バレンタインに渡したチョコレートよりも金額が安かった。」と、
金額に関して不満を抱いているようです。
以上のことから、女性に満足してもらうためにも、
そして、自身の社内評価を下げないためにも、価格の側面は、重要になってくることかと思います。

 
では、一体、ホワイトデーの金額の相場はいくらなのか?
 

一昔前の風潮としては、「3倍返し」と言われておりましたよね。
500円のチョコレートを頂いたのであれば、1,500円のものをホワイトデーのお返しにするといった具合にです。
3倍返しをすることで、何を渡すかは別として、
価格的側面における女性の不安は、幾分に解消されることかと思います。
ただ、それでは、男性陣のお財布が寂しくなってしまいますよね。
それに、3倍返しは、相手に変な期待を与えてしまう可能性も懸念事項として存在します。
あくまで、バレンタインデーもホワイトデーのイベント行事ですし、
それが職場での受け渡しとなれば、尚更といったところではないでしょうか。
そこで、ホワイトデーの金額の相場としては、「バレンタインチョコの300円増し」が、妥当だと思われます。
「女性陣が、頂いたホワイトデーのお返しの値段を調べている。」
「バレンタインに渡したチョコレートよりも金額が安くなることが不満につながる。」

それであれば、頂いたバレンタインチョコよりも少し高めのものを、
ホワイトデーのお返しとして渡してはいかがでしょう。
バレンタインに頂いた義理チョコも、インターネットで調べれば、分かることかと思います。

sponsored link


いかがでしたでしょうか。
以上が、会社のOL社員さんに返すホワイトデーの金額の相場でした。
整理すると、「バレンタインチョコの300円増し」で、
プレゼントをすることで、何を渡すかは別として、
価格的側面では、女性は満足してくれると思いますので、
是非、実践してみてはいかがでしょう。


sponsored link

コメントを残す