グアム卒業旅行、持っていると意外と便利な持ち物とは!?

sponsored link

3月と言えば、国内海外問わずして、卒業旅行シーズンですね。
卒業旅行じゃないにしても、2月、3月は、学生にとっては、長期のモラトリアムです。
また、大学4年生にとっては、最後のモラトリアムになりますので、
国内海外問わずして、有志とともに旅行に行かれる人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、グアム旅行に持っていると意外と便利な持ち物リストを紹介していきたいと思います。

 

スーツケースバンド
 

最近のスークケースには、ロックがついてますので、
スーツケースバンドは、念入りの意味を込めた盗難防止のためだったり、
スーツケースをまとめる際に必要だったりします。
また、お土産を大量購入してしまい、スーツケースに収まらないという事態が予想されます。
やっと閉まったとしても、再度、開いてしまう可能性があります。
特にフライトの搬入時に衝撃に耐えられず開いてしまうことが考えられますので、
決して、スーツケースの性能を甘く見てはいませんが、
もしものことを想定して、スーツケースバンドでしっかりと固定することをおすすめしたいと思います。

 
スリッパ
 

初海外の方は、特にスリッパがあると便利かも知れません。
基本的、ホテル部屋内では、靴を履いたままです。
靴を履いたままで生活することが、なんてことない人には、必要のないものですが、
日本人であれば、部屋内を靴を履いたまま過ごすことに慣れていないかも知れません。
グアムの全ホテルに宿泊したわけでもないので、
必ずしもというわけではないですが、大抵のホテルは、靴のままで部屋を過ごします。

 
小銭入れ
 

あまり、英語を得意としていない人は、
ちょっとした買い物でも、お札を出してしまう傾向があることかと思います。
レストランで食事をしている時は、なんてことないですが、
洋服を買う、お土産を買うといった時に、
外国人がレジ待ちで、あとに控えている際には、
もたついてはいけないということを理由に、
ついついお札を出してしまうものです。
帰国時には、大量のセント(小銭)になってしまう可能性がありますので、
小銭入れは、持っていると意外と便利な持ち物だと思います。

 

その他、パスポートをはじめ、現金、クレジットカード、海外旅行の保険証、カメラや充電器は、当然ですが必要ですね。
また、着替えのTシャツは、現地で購入することで、荷物を減らすことが出来ますし、
なにより、現地で購入したものが、そのままお土産にもなりますので、
旅行泊数に応じた、最低限の枚数を用意すれば良いと思います。
ただ、パーカーは、夜の冷え込み対策として、1着用意しておく必要姓があることかと思います。
また、雨具や折りたたみ傘は、必要がないかも知れません。
グアムは、蒸し暑い場所ですが、
一方で、急に雨が降ることを予測して、持っていく人も多いです。
しかし、土地柄、じめついた雨は、すぐ止んでしまう傾向にあるので、
あまり傘を使う機会がないかも知れません。
また、天候及び気温関連としては、サングラスは必須かも知れません。
陽射し防止にもなりますし、日本でサングラスをかけてビーチや街中を歩く機会がない、
あるいは、気恥ずかしい、浮いてしまう傾向にあると思いますので、
是非、サングラスをかけて、グアムの街を堂々と歩いてみてはいかがでしょう。

sponsored link


いかがでしたでしょうか。
スーツケースバンドをはじめ、スリッパ、小銭入れと実体験に基づかなければ体感できない部分を紹介させて頂きました。
グアムに限らず、海外旅行をする際には、意外と便利な持ち物だったりするので、
是非、用意をして旅行に行きましょう。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です