ヨーロッパ卒業旅行、持っていると意外と便利な持ち物とは!?

sponsored link

大学4年生にとっての3月と言えば、「卒業旅行」ですよね。
社会人になれば、2か月近くの長期のモラトリアムは無く、
なかなか旅行には行けないものです。
特に海外であれば尚更ですよね。
さらには、海外旅行の中でも、ヨーロッパ旅行となれば行きたくてもいけないかと思います。
つまり、ヨーロッパに行く機会としては、
学生生活の間ということになる人もいらっしゃるかも知れません。
そこで、今回は、ヨーロッパ旅行に持っていると意外と便利な持ち物リストを紹介していきたいと思います。

 

航空機内アイテム
ヨーロッパへの海外旅行は、長時間移動になりますので、
航空機内アイテムが必要不可欠です。
中でも、「スリッパ」は、持っていると意外と便利です。
長時間フライトのため、当然、靴は、脱ぎますよね。
お手洗いに行くたびに、靴を履いていては、面倒ですので、
使い捨てスリッパでも構いませんので、
用意をしておくと、意外と便利だと思います。
そのほか、時差ボケ防止のための、耳栓とアイマスクは、
人によっては、睡眠を取る際には、あると便利かも知れません。

 
変換プラグ
変換プラグはあると便利というよりは、必須アイテムかも知れませんね。
ただ、「現地で購入をすれば良い。」と、甘く見ていると、
なかなか現地調達できなかったりしますし、
変換プラグが無ければ、一眼レフカメラやビデオカメラ、
携帯電話と充電することが出来なくなりますので、注意が必要です。

 
カトラリーセット(ナイフ・スプーン・フォーク)
安いもので構いませんので、カトラリーセットは、
持っていくと意外と便利だったりします。
ホテルの食事やレストランでの食事の際には、
なんてことないですが、夜食が食べたくなった時、
スーパーマーケットやコンビニエンスストアに行っても、
日本のようにお箸をつけてくれない場所もありますので、
小腹がすいた。夜食を食べよう。」という可能性がある人は、
意外と便利な持ち物だったりします。

 
ハンガー
比較的、安いホテルに宿泊すると、
ハンガーがついていない可能性があります。
特に、寒い時期にヨーロッパ旅行を検討されている人は、
ハンガーにコートを掛けることかと思いますので、
1つは、旅行に持っていくと便利かも知れませんね。

 
予備のSDカード
使う使わないにしろ、それほど場所塞ぎなものではないので、
予備のSDカードを持っていくと意外と便利だったりします。
特に写真に加えて、動画を取る人ですね。
一番、残念なケースとしては、容量が足りなくなってしまい、
これまで撮影してきた写真ないし動画を消去しなければいけないということです。
これではあんまりですので、予備のSDカードを持参する、
もしくは、USBに保管する、クラウド共有体制を整えておく必要があるかと思います。

 
小銭入れ
ヨーロッパ旅行先の言語を話せる人が周囲にいれば、
何ら問題はないですが、フランスであればフランス語、スペインであればスペイン語を話すことが出来ない時は、
ちょっとした買い物でも、お札を出してしまう傾向があることかと思います。
レストランで食事をしているときはなんてことないですが、
洋服を買う、お土産を買うといった時に、外国人が、レジ待ちであとに控えている際には、
もたついてはいけないということを理由に、
ついつい、お札を出してしまうものです。
帰国時には、大量の小銭になってしまう可能性がありますので、
小銭入れは、持っていると意外と便利な持ち物だと思います。

sponsored link


いかがでしたか。
旅行は、準備をする時から、楽しいですよね。
ただ、あれもこれもと気づけば、大量の荷物になってしまうというケースもありますので、
旅行の持ち物は、しっかりと必要なものかどうかを判断して持っていきましょう!


sponsored link

コメントを残す