2015年、北海道の桜の名所、穴場を紹介!開花予想に迫る!

sponsored link

気温が少しづつ暖かくなり、春を感じる季節になってきましたね。

日本の春といえば「桜」「花見」を思い浮かべることかと思います。

そろそろ開花情報が気になり始めた頃ではないでしょうか。

特に北海道では、

毎年厳しい寒さで追われる冬が日本で一番長いため、花見を待ち侘びている方も多いと思います。

そこで今回は、2015年、北海道の桜の名所、穴場の開花予想を紹介させていただきます。

 

開花予想
今年の北海道の開花予想としては、4月の下旬〜5月の中旬になります。

北海道に住んだ事の無い方でしたら、「遅い。」と感じるかもしれませんが、

北海道在住の方の感覚としては、わりと普通ですよね。

北海道は、桜の開花が日本で一番遅い地域になります。 

また、北海道と言っても土地が広いため、地域により開花時期が異なります。

例えば、道央と道南地域では、開花予想が4月の下旬、5月の上旬ですが、

道北と道東地域では、5月の上旬、中旬となっております。

 
桜、花見の名所と穴場
 

モエレ沼公園  

世界的彫刻家イサム・ノグチによって設計された札幌を代表する公園の一つです。

広大な面積を持った公園内には、

遊具やガラスのピラミッド、テトラマウンドのようなシンボル施設があります。

モエレ沼公園は、知る人ぞ知る札幌の新しい花見の名所です。

園内には、「サクラの森」という施設があり、

遊具を囲むように約2,600本の桜が植樹されています。

大人も子供も楽しめる家族におすすめの花見の名所です。

 

見頃予想:4月の下旬〜5月の上旬

所在地:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

営業時間:7:00~22:00(入園は~21:00)

入園料:無料

駐車場:あり(1,500台)

公式ホームページ:http://www.sapporo-park.or.jp/moere/

 

円山公園

古くから市民に親しまれている札幌を代表する花見の名所。

園内には、約150本のエゾヤマザクラが植樹されており、

桜だけでなく梅の花も一緒に楽しむ事が出来ます。

また、花見期間の4月の下旬〜5月の上旬では、

火気の仕様が許されているため、バーベキューをしながら花見を楽しむ事が出来ます。

 

見頃予想:4月の下旬〜5月の上旬

所在地:北海道札幌市中央区宮ヶ丘3(地下鉄東西線円山公園から徒歩5分)

営業時間:24時間開放

入園料:無料

駐車場:あり(有料)

公式ホームページ:http://www.sapporo-park.or.jp/maruyama/

 

松前公園

「日本さくら名所100選」でも選ばれた桜の名所です。

「さくらの里」とも呼ばれ、道民に愛され続けています。

園内には、250種以上の桜が約10,000本植樹されており、

品種が多いため、1ヶ月間にわたり、早咲き・中咲き・遅咲きと「時差開花」を見せてくれます。

桜越しに見える津軽海峡は、絶景です。

 

見頃予想:4月の下旬〜5月の下旬

所在地:北海道松前郡松前町松城

営業時間:24時間開放

入園料:無料

駐車場:あり(1,000台)

公式ホームページ:http://www.asobube.com/

 

五稜郭公園

函館の花見の名所と言えば、五稜郭公園の桜です。

星型に土塁に植えられた約1,600本のソメイヨシノを見る事が出来ます。

五稜郭公園では、手ぶらで花見に行っても、ジンギスカンセットを貸し出ししているため、

北海道ならではの花見をする事が出来ます。

また、ボートも貸し出ししているため、カップルでボートを漕ぎながら花見をするのも人気です。

夜になると、桜がライトアップされ、夜桜を楽しむ事が出来ます。

 

見頃予想:4月の下旬〜5月の上旬

所在地:北海道函館市五稜郭町44

営業時間:9:00~18:00

入園料:無料

駐車場:無し(近くに有料駐車場あり)

公式ホームページ:http://www.goryokaku-tower.co.jp/

 

sponsored link


いかがでしたでしょうか。今回は、4つしか紹介出来ませんでしたが、

北海道には、まだまだ桜、花見の名所、穴場が存在しますので、

次回、続編という形で紹介させていただきます。


sponsored link

コメントを残す