一人暮らし必見!おすすめ炊飯器を紹介!自炊するとしないとではサイズが違う!?

sponsored link

一人暮らしをする際に、食費を少しでも浮かそうと自炊をする人もいれば、一切、自炊をしない人が居ますよね。
そこで、今回は、一人暮らしをする人におすすめの炊飯器を紹介したいと思います。

 

炊飯器を購入する際のポイント
一人暮らしをする際の炊飯器を購入する時のポイントは、以下の通りです。

 

■小さすぎないものを選ぼう

自炊をする人は、5合炊き、自炊をしない人は、3合炊きがおすすめです。
自炊をするけど、どうせ一人暮らしだから、最低限、ことの足りる3合炊きのタイプにしよう!というのは、
少し待ったが、かかります。
確かに、一人暮らしをする上では、3合炊きタイプでも、幾分に、ことの足りる量だったりします。
ただ、3合を炊いてしまうと、蓋を開けた途端、溢れるのではないかという炊きあがりになってしまいます。
蒸らして、お米をかき混ぜることがままりませんので、5.5合炊きタイプをおすすめします。
残ったお米は、サランラップに包んで冷凍保存を効かせれば、良いですしね。
また、自炊をしないという人に対しては、3合炊きをおすすめします。
自炊をしないという人は、外食をするあるいはお弁当を買うことかと思いますが、
それでも、食費には限界が来ることかと思います。
自炊はしないと言えど、ごはんを炊いておけば、お惣菜を購入をするあるいは冷凍食品を購入して、
ごはんのお供にすることで、幾分に食費を押さえることが出来ますので、3合炊きをおすすめしたいです。

 

■上蓋が取れるタイプの炊飯器を購入しよう

自炊をする人は、上蓋が取れるタイプの炊飯器の購入をおすすめします。
炊飯器を頻繁に使用するのであれば、釜だけではなく、上蓋も洗うことが、
長く使用する上では、必要になってきます。
自炊をしないという人は、炊飯器の使用頻度が減ることかと思いますので、
さほど気にしなくても良いことかと思います。

 


 

■予約タイマー機能と早炊き機能がついている炊飯器を購入しよう

一人暮らしをする上では、予約タイマーと早炊きが、思いのほか活躍をしてくれます。
比較的、安いタイプの炊飯器には、
予約タイマーと早炊き機能がついていないことがありますので、注意が必要です。
朝夜問わずして、忙しい時に時間短縮の意味も含め、有効活用してみてはいかがでしょう。
その他、お米の旨みや甘さを求めると、IH炊飯器や土鍋窯炊飯器といった部分にこだわりを持たなければいけず、
どうしても炊飯器の価格が高くなってしまいます。
自炊の域を超え、料理を極めるという人は、こだわってみても良いかも知れませんね。

sponsored link


いかがでしたか。
食費は、生活をする上で、当然、必要になってくる経費です。
また、食費は、その人の努力(節約)次第で、いくらでも抑えることが可能です。
なかには食費を抑えることよりも、人付き合いを含めた外食を優先する人もいます。
これも大切です。
ただ、食費を抑えるためにも炊飯器の有無は、大切なことかと思います。
是非、自身のワークスタイルに合った炊飯器の購入を検討してみてはいかがでしょう。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です