合コンで失敗しない・スベり知らずの【筆者の経験に基づいた】自己紹介テクニックの秘訣を紹介!

sponsored link

合コンや食事会の最初にあることと言えば、「自己紹介」ですよね。
緊張して空回り、張り切ったもののスベってしまったという経験ありませんか。
そこで、今回は、筆者の経験に基づいた、失敗しないスベり知らずの自己紹介のテクニックを紹介したいと思います。

 

【関連記事】
封印必須!合コンでドン引きされてしまう【筆者の実体験に基づいた】NG自己紹介とは?
合コンで【筆者の経験に基づいた】スベり知らずな鉄板面白自己紹介でインパクトを残そう!
合コンで少しでも印象に残る【筆者の経験に基づいた】自己紹介の仕方テクニック集を紹介!

 

長くは語らない。でも名前は3回言おう
長々語るのは、一通り自己紹介が終わってからで十分です。
名前や年齢、出身地、職業、趣味、休日の過ごし方、血液型と多くのことを語っても覚えきれません。
大切なことは、序盤から中盤にかけての会話の切り口をキーワードとして残すことです。
その中でも、大切なことは、「名前」です。
自己紹介では、誰しもが発します。
聞き手は、是が非でも覚えなくては、いけません。
名前でも、ニックネームでもどちらでも構いませんが、
覚えてもらうためには、そして、印象づけるためには、3回は、自分の名前を言うように心がけましょう。
そして、万が一、名前を忘れてしまった時は、正直に聞きましょう。「名前、何だっけ?」と。
大抵、下の名前を言うことが想定されますので、
その際には、「違うよ。苗字だよ。」と、会話を運べば、
名前を忘れる行為は、失礼にあたってしまうことですが、
上手い具合に回避する形で名前を聞き出すことが出来ることかと思います。
名前をしっかりと覚えてもらうためにも、名前は、3回言うことをおすすめします。
また、3回目に似もしない芸能人の名前を発しても良いかも知れません。
もしくは、3回とも似もしない芸能人の名前を発しても良いかも知れません。
すると、「本当の名前はなんて言うの。」という会話の切り口が生まれますので。
大切なことは、長々と語らないことと、
序盤から中盤にかけての会話の切り口をキーワードとして残すことです。

 
職業と趣味の話は大枠だけ
自己紹介では、長々と語ってはいけません。
職業や趣味についても同じです。
詳細な話は、序盤から中盤にかけての会話の際にすれば良いのです。
あくまでも自己紹介の段階では、キーワードの提示だけで良いです。
例えば、

「趣味はサッカーで、小学校からやってました。ポジションは……。」
これは不必要です。
「趣味はサッカーと料理です。」とか「趣味はサッカー………をやりたいと思ってます!」といった具合です。
後者の場合は、笑いに走ってますが、問題はないです。
その点については、のちに説明します。
複数提示する場合は、最大でも2つまでにしておくことがベストです。
趣味の他にも名前や年齢、出身地、職業と話すことがありますので。

 
自己紹介は団体戦。スベっても盛り上げる
自己紹介で少しでも盛り上げたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
その場合は、個人ではなく、団体戦で勝負をしましょう。
例えば、

「趣味はサッカーとボールを蹴ることです。」
これだけでは、スベってしまうことが目に見えてしまいますよね。
ですが、
「趣味はサッカーとボールを蹴ることです。」
「スベってもうてるやん。レッドカード退場。」

 

と、横からツッコミが入るとどうでしょう。
どことなく和むことが想定できるかと思います。
さらには、相槌笑い拍手が備われば、
たとえ、スベってしまう内容だとしても、チームプレイで乗り切れることが出来ます。
また、実践するためには、事前の打合せが必要となりますが、
この程度であれば、意図も簡単に出来る内容だと思いますので、
是非、参考にしてみてはいかがでしょう。

 
印象を残すには出身地が大切
誰しもが印象に残ることに「出身地」があります。
それは、一度は聞いたことがあるからです。
名前や職業は、初めて聞くケースがありますが、
出身地に関しては、既に頭の中にインプットされていることかと思います。
特に地方出身者は、全面的に主張していきましょう。
北海道や九州、それだけも物珍しいと思います。
マイナーな地方であれば、名産物を話題にしても良いかも知れません。
また、同じ地域での開催の場合は、電車の何線に住んでいるといった、
ローカル同士でなければ成立しないキーワードを投げかけても良いかも知れませんね。

sponsored link


いかがでしたか。
自己紹介で大切なことは、序盤から中盤につながる会話の切り口を伝えるということです。
そして、名前は、しっかりと覚えてもらえるように、3回は、復唱するということです。
自己紹介で、その合コンや食事会の流れが決まる可能性も無きにしも非ずですので、
しっかりと準備をしておくことをおすすめします。

 

※こちらの関連記事もどうぞ!
合コンで抵抗されることなく聞く【筆者の経験に基づいた】連絡先交換テクニック術を紹介!
合コンで思わず教えたくなる【筆者の経験に基づいた】連絡先交換の聞き方テクニックまとめ一覧
合コンで警戒されることなくLINEメールの連絡先を聞く方法を紹介!


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です