クラウドファンディングとは何か?資金調達方法と法律関係をわかりやすくまとめてみた

sponsored link

「クラウドファンディング」という言葉を、聞いたことはありますか?
昨今、話題の言葉でもありますので、一度は、聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。
ですが、仕組みが分からないといった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、クラウドファンディングの資金調達と法律関係をわかりやすく紹介したいと思います。

 

クラウドファンディングとは
クラウドファンディングとは、不特定多数の群集(crowd)から資金調達(funding)を行う仕組みとなっています。
また、クラウドファンディングには、3種類のカテゴリーが存在しています。

 

購入型:製品やサービスそのものがリワード
寄付型:寄付として提供しリワードが発生しない
投資型:金銭がリワード

 

ここでいうリワードとは投資に対する見返りと解釈して頂いて構いません。
また、購入型の場合は、特定商品取引法の関与、また資格は不要となっており、投資型の場合は、第二種金融業者登録を必要とします。

 
クラウドファンディングの資金調達方法
例えば、「映画を作りたいけど、制作費用がない。」といった大きな夢を抱いている出品者がいたとします。
出品者は、クラウドファンディングを活用して映画製作費用を出資金として募ります。
それに対して、興味や関心を抱いた出資者が資金を出資します。
そして出品者の目標額が集まると成立します。
目標額に達しなかった場合は、出資者に対して、出資金を返金します。
成立した場合は、集まった出資金を元手にビジネス展開(映画製作)を図ります。
当然のことですが、出資者に対しては、何かしらの見返り(リワード)を還元しなければいけません。
今回で言えば、出資者の名前をエンドロールのテロップに載せることや、台本のプレゼント、エキストラ出演、映画上映会に招待と、
出資額に応じた見返り(リワード)が提供されます。
参考までに、クラウドファンディングサイトを紹介しておきますので、興味関心がある方は覗いてみてください。

 
米国で活動したい方へ、支援サービス付のクラウドファンディング&コンシェルジュ

 
クラウドファンディングの資金調達方法
クラウドファンディングの資金調達方法としては、
まず、銀行やベンチャーキャピタルは審査はありますが、
クラウドファンディングの審査は限定的であると言えます。
また、規模やリスクも小さく、仲介は、ありません。
そして、回収に関しても、銀行は返済やベンチャーキャピタルは上場ですが、
クラウドファンディングの場合はありません、といった現状があります。

 
クラウドファンディングの法律関係
クラウドファンディングの出品者が製品やサービスを出品します。
そして興味や関心を抱いた出資者が資金を出資します。
そして出品者の目標額が集まると成立します。
目標額に達しなかった場合は、出資者に対して、出資金を返金しますが、
成立した場合は、出品者は、集まった出資金を元手にビジネス展開を図ります。
当然のことですが、出資者に対しては、何かしらの見返り(リワード)を還元しなければいけません。
見返り(リワード)は、購入型であれば、製品やサービスそのものが見返り(リワード)となりますし、
投資型であれば、金銭が見返り(リワード)となります。
しかし、見返り(リワード)が、出品者の環境要因や見積もりの甘さを背景に遅延してしまう可能性があります。
また、投資家保護の法制度が未整備といった現状も存在しているみたいです。
しかし、日本国内では、2013年9月にクラウドファンディング協会が発足していますので、
今後、制度構築が行われることが期待されます。

sponsored link


いかがでしたか。
これから普及していくであろうクラウドファンディング。
有名なサイトとしては、READYFOR?、CAMPFIREといったクラウドファンディングサイトがありますので、
興味や関心がある方は、一度、検索をしてみても良いかも知れませんね。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です