合コン終了後に異性相手に送信するLINEメールの思わぬ落とし穴とは!?

sponsored link

合コンや食事会を通じて連絡先交換をした際には、
それとなく今後の展開を考えたりするものですよね。
「また食事会を開きたい。」「次はデートをしたい。」、と、人それぞれ思うことがあることかと思います。
そこで、今回は、合コン終了後に異性相手に送信する際のLINEやメールの思わぬ落とし穴について紹介したいと思います。

 

【関連記事】
合コンで抵抗されることなく聞く【筆者の経験に基づいた】連絡先交換テクニック術を紹介!
合コンで思わず教えたくなる【筆者の経験に基づいた】連絡先交換の聞き方テクニックまとめ一覧
合コンで警戒されることなくLINEメールの連絡先を聞く方法を紹介!

 

最初のメールのやり取りは社交辞令の可能性が高い

連絡先を交換し、最初に送信し合うLINEやメールのやり取りの多くは、
社交辞令の可能性が高いです。
特に、合コンや食事会終了後直後に送信されるLINEやメールの内容は、社交辞令の可能性が高まります。
また、日付をまたぎ、翌日のお昼時に送信されるLINEやメールの内容も、比較的、社交辞令の可能性が高いです。
仮に、「昨日は、お誘い頂きありがとうございました。とても楽しかったです。また食事にでも行きましょう。」、といった文章が送られてきたから、「食事に行ける」と思わないようにしましょう。
決して、可能性はゼロではないとは思いますが、社交辞令の可能性が高いですので、勘違いをしてはいけません。
返信が返ってこないという最悪の事態は免れているものの、
合コンや食事会をしただけですので、たとえ、盛り上がった会だったとしても、
俯瞰的に捉えれば、「1度食事をしただけ」ということになります。
具体的な日時や時間を指定した展開にならない限りは、
社交辞令と判断することが先決かも知れません。

 

具体的ではないお誘いは社交辞令の可能性が高い

「昨日はお誘い頂きありがとうございました。とても楽しかったです。また食事にでも行きましょう。」「今後、ごはんしましょう。」「また、〇〇のお話聞かせて下さいね。」、といった文面は、社交辞令の可能性が高まります。
「食事に行きましょう。」「また、お話聞かせて下さいね。」といた文面は、一見、勘違いしてしまいがちですが、
本当に食事ないしお話が聞きたいのであれば、具体的な内容の文面が送られてくるかと思います。
「〇月〇日空いてますか。」「いつ、お時間に都合がつきますか。」、といった具合にです。
ですので、具体的ではないお誘いは、落とし穴の傾向がありますので、注意が必要かも知れません。

 

使いまわしの返信は見透かされている可能性が高い

合コンや食事会で交換した連絡先全員にお礼の文面を送るケースもあることかと思います。
その際にの注意点としては、使いまわしの返信は、見透かされている可能性が高いということです。
社交辞令の文面であれば、比較的、問題はないと思いますが、
個人的にデートのお誘いや、日にちを改めた食事会の開催を促すような文面は、
男女問わずして共有されているということを知っておく必要はあるかも知れません。

sponsored link


いかがでしたか。
連絡先を交換し、次の展開を考え、送信するLINEやメールでも、
自身と送信相手との間に勘違いが生まれるものです。
特に社交辞令で送ったつもりでも、相手が本気にしてるというケースもありますので、
思わぬ落とし穴にはまらないように気を付けましょう。

 

※こちらの関連記事もどうぞ!
合コンで「出来る男性」を演じるためのテクニックを紹介!
合コンで失敗しない・スベり知らずの【筆者の経験に基づいた】自己紹介テクニックの秘訣を紹介!
合コンで連絡先を聞く場面で女性をときめかせる一言フレーズを紹介


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です