合コンで【筆者の経験に基づいた】スベり知らずな鉄板面白自己紹介でインパクトを残そう!

sponsored link

合コンや食事会と言えば、「自己紹介」がありますよね。
合コンや食事会の流れを左右する意味でも、自己紹介は、大切ですよね。
なかには、自己紹介でインパクトを残したいと考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、自己紹介という限られた時間の中で笑いを残すことは難しいですし、
スベってしまったらどうしようと考えている人も多いかと思います。
そこで、今回は、合コンや食事会で、スベり知らずな鉄板面白自己紹介を紹介したいと思います。

 

【関連記事】
合コンで「出来る男性」を演じるためのテクニックを紹介!
合コンで失敗しない・スベり知らずの【筆者の経験に基づいた】自己紹介テクニックの秘訣を紹介!
封印必須!合コンでドン引きされてしまう【筆者の実体験に基づいた】NG自己紹介とは?

 

お店入店した際には「選手入場」と言ってみよう

合コンともなれば、最低でも6人ないし8人で行われることかと思います。
そして、全員が自己紹介をするとなれば、一人当たりの自己紹介に割ける持ち時間もごくわずかと限られてしまいます。
その中で、インパクトを残す笑いを生み出すことは、難しいことかと思います。
そこで、お店入店ないし座敷に入る際に、「選手入場」と言ってみてはいかがでしょうか。
また、「選手入場」を発した直後に、「サッカー日本代表か。」、とツッコミが入ると、
どことなく小さなひと笑いが生まれる可能性があります。
自己紹介という限られた時間の中で笑いを残すことは難しいことですので、
自己紹介前に「布石」をつくっておくことで、笑える状況を作り出すことが出来ることかと思いますので参考にしてみてください。

 

「(自分の名前)を知っている人、知らない人、手を挙げてください。」

「(自分の名前)を知っている人、知らない人、手を挙げてください。」、と言うと、一瞬、どことなく考え込み、静穏な空気が流れます。
その際に、横から、「全員じゃないかい。」、とツッコミが入ると、ひと笑いが生まれる可能性が高まります。
大切なことは、横からのツッコミのタイミングです。
早めのツッコミが入ると、ひと笑いは生まれにくくなります。
一度、全員が考え込み、静穏な空気が流れたタイミングを見計らってツッコミをすると、ひと笑いが生まれる可能性が高まります。

 

「趣味は、〇〇や××・・・・・・をやろうと思っています。」

具体例としては、「趣味は、サッカーと読書・・・・・・をやろうと思っています。」といった具合に、なんでも構いません。
また、発した直後に「やってないかい。」とツッコミが入ると、ひと笑いが生まれる可能性が高まります。
合コンや食事会でひと笑いを掴むためには、時として、チームプレイが必要になってきます。
また、この程度のツッコミであれば、事前に一言、二言やり取りを挟んでおくことで、
十分に出来る範囲ですので、是非、試してみてはいかがでしょうか。

sponsored link


いかがでしたか。
自己紹介でひと笑いを掴むことが出来ると、流れが大きく変わります。
ただ注意点としては、全員がひと笑い欲しさに挑戦してしまうということです。
基本的にはムード―メーカー的な立ち位置の人数は、1人ないし2人が理想です。
ムードメーカー枠、ツッコミ枠、イケメン枠、と、個々に役割を当てはめチームプレイがあるからこそ、
ひと笑いが生まれたりするものだと思います。
是非、参考にしてみてください。

 

※こちらの関連記事もどうぞ!
合コン終了後に異性相手に送信するLINEメールの思わぬ落とし穴とは!?
合コンで女性からの連絡先交換サインを男性陣は見逃しているかも知れない!?
合コンで警戒されることなくLINEメールの連絡先を聞く方法を紹介!


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です