合コンで少しでも印象に残る【筆者の経験に基づいた】自己紹介の仕方テクニック集を紹介!

sponsored link

合コンや街コンでは、自己紹介は、必須事項ですよね。
どんな自己紹介にしようかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、合コンや街コンで少しでも印象に残る自己紹介テクニックを紹介したいと思います。

 

【関連記事】
合コンで「出来る男性」を演じるためのテクニックを紹介!
合コンで失敗しない・スベり知らずの【筆者の経験に基づいた】自己紹介テクニックの秘訣を紹介!
封印必須!合コンでドン引きされてしまう【筆者の実体験に基づいた】NG自己紹介とは?

 

キーワードで印象に付けよう

自己紹介で話す内容としては、名前や年齢、職種、出身地、血液型、趣味、休日の過ごし方、意気込みと定番中の定番だけを切り抜いても、項目が多いことがお分かりいただけると思います。
また、さらに、趣味にフォーカスを当てた際に、スポーツや読書、音楽、ドライブ、料理とさらに多く細分化されます。
自己紹介という限られた時間の中では、当然、全て話しても良いのですが、それは浮いてしまいますよね。
つまりは、定番中の定番の中でも、自身で選び抜いて自己紹介をする必要性が求められることになります。
当然、自己紹介で紹介した内容は、序盤ないし中盤における会話のネタになります。
中盤の盛り上がりが、自身の印象に影響を与えるほか、2次会の有無が決定したり、
異性の相手と共通の趣味となれば連絡先交換のきっかけや今後のデートや食事の約束にも繋がる可能性を秘めていますので、
自己紹介で、少しでも印象に残すことは、思いのほか大切だったりします。
その手段として、「キーワード」を残すことをおすすめします。

 

出身地ネタの一本攻めをしてみよう

「出身地は〇〇です。」
名前や年齢、職種、出身地、血液型、趣味、休日の過ごし方、意気込みとあれこれ話す場合は、
丁度良いサイズですが、印象には残りにくいかと思います。
しかし、出身地ネタの一本攻めをすることで、出身地について話す時間を確保することが出来ます。
「出身地は〇〇です。名産物は××が有名で皆さんも一度は食したことがあると思います。また、観光地としては、△△や□□という景勝地が有名だったりします。」、と言った具合に、ひとつのことに焦点を当てて、話を展開することで、印象に残りやすくなると思います。
また、出身地ネタは、旅行やグルメネタに話題を転換することが出来ますので、共通の趣味を見つけやすくなると思います。

 

趣味ネタを一本化して攻めてみよう

趣味は、当然、人それぞれ違いますが、
出身地ネタ同様に、ひとつのことを少し深堀りして話すことで印象に残りやすくなると思います。
しかし、注意点としては、共有できる範囲の趣味を話すということです。
あまりにもニッチな趣味の場合は、印象には残りますが、序盤ないし中盤における会話のネタになる可能性が低くなってしまう傾向にありますので、
料理や読書、旅行、スポーツといった万人受けする趣味を話ネタにすることをおすすめします。

sponsored link


いかがでしたか。
自己紹介一つとっても、序盤ないし中盤における会話のきっかけになるほか、
合コンや街コン、食事会の流れを左右しますので、少しでも印象に残るような自己紹介を心掛けてみてはいかがでしょう。
少しでも参考になればと思います。

 

※こちらの関連記事もどうぞ!
合コンで連絡先を聞く場面で女性をときめかせる一言フレーズを紹介
合コンで女性に対して印象に残る褒め方で「可愛いね」以外に考えられる言葉を紹介!
女性必見!男性受けする合コンファッションは清楚系?第一印象を決める勝負ファッションを紹介!


sponsored link

コメントを残す