アップルウォッチの使い道は?価格、モデル、防水機能について迫る!

sponsored link

皆さんは、アップルウォッチをご存知でしょうか。
今度、4月24日にアップル社から販売される、商品です。
時計のように腕に取り付けて、
他のアップル製品と同じように、各種アプリを楽しむ事が出来ます。

「時計だから画面が小さくない?」
「値段は?高いでしょ?」

の様に、様々な疑問があるかと思います。
今回は、アップルウォッチの機能や価格の疑問に答えたいと思います。

アップルウォッチの基本機能

アップルウォッチは、時計です。
通常時には、時計としての役割を果たします。

そして、時計の画面の部分がタッチパネルのディスプレイになっており、操作をする事が出来ます。

「小さい画面で大丈夫か?」という疑問も湧いてきますが、
画面横のボタンをひねって、拡大縮小が簡単に出来ます。

「防水には、対応しているの?」

アップルウォッチは、日常生活防水には、対応しているとの事です。

つまり、
「雨で濡れる、汗で蒸れる、手を洗う」といった日常生活の範囲なら問題なく使えるそうです。

しかし、海の中に入ったり、お風呂の中に入れて、浸水してしまうと
故障の原因に繋がってしまいますので注意しましょう。

アイフォンと連動させてメールと電話ができる

アップルウォッチは、メール電話をする事が出来ます。
アップルウォッチは、振動機能があり、手首に付けているので素早く応答する事が出来ます。

そして、アップルウォッチは、アイフォンと連動させる事が出来ます。
例えば、アップルウォッチでかかってきた電話に出て、
応答した後は、アイフォンに切り替えるという事が出来るので、便利です。

アップルウォッチで健康管理

アップルウォッチによって、日々の健康を管理する事が出来ます。
アップルウォッチを身に付けているだけで、1日の運動量や消費カロリーを測る事が出来ます。

また、ずっと座ったままでいると、通知してくれるので、長く続けられるのではないでしょうか。

アップルウォッチのモデルと価格

大きさは、画面の立幅42mm38.6mmの2つで、
それぞれ42mmモデルと38mmモデルと呼ばれます。
腕に巻き付けるバンドは、それぞれのモデルに対して様々な長さがあり、
男性でも女性でも身に付ける事が出来ます。

そして、アップルウォッチには、
スタンダードのタイプと、スポーツエディションの3つの種類があります。

38mmモデルの場合、次のような価格になっています。

○アップルウォッチ        66,800円
○アップルウォッチ スポーツ   42,800円
○アップルウォッチ エディション 1,280,000円

同様に、42mmモデルの場合、次のような価格になっています。

○アップルウォッチ        71,800円
○アップルウォッチ スポーツ   48,800円
○アップルウォッチ エディション 1,480,000円

これに加えて、保証が幾らかかかります。

sponsored link


いかがでしたでしょうか。エディションの値段には、驚きますよね。
いずれにせよ、アイフォンを所有している方が、
アップルウォッチを購入すれば、通話やアプリの使用がかなり便利になりそうです。
発売日まで、待ちきれませんね。


sponsored link

コメントを残す