湿気対策!クローゼットや浴室を除湿するには?おすすめの方法を紹介!

sponsored link

これから梅雨が近づいてくると、多くの方が「湿気」に悩まされるのではないでしょうか。

我が家も、六月に入ると、クローゼットの中に除湿剤を置くのですが、
どうもきちんと湿気が取れていないような気がして、快適に過ごす事が出来ません。

また、湿気が多くなると、カビが発生する可能性が出て来ます。
最近では、気密性の高い住宅が多く、湿気も籠りやすくなっているので、
湿気に対する適切な対応が必須となってきているのではないでしょうか。

では、家に湿気を籠らせないための適切な方法には、どのような方法があるのでしょうか。
今回は、快適に過ごすためのおすすめ湿気対策を紹介させていただきます。

関連記事:梅雨対策!楽しく過ごすには?おすすめの対策グッズを紹介!

湿気が籠りやすい場所とは

まず、湿気が籠りやすい場所をしっかりと把握する事が大切になってきます。

家の中で湿気が籠りやすい場所ですが、
主には、浴室寝室クローゼットではないかと言われています。

浴室や寝室は、日当りの悪い方角に作られている事が多く、湿気が籠りやすいみたいです。
クローゼットは、通気性が悪く、湿気がたまりやすいみたいですね。

クローゼットにしまって置いたお布団にカビが生えていた
という経験がある人も多いと思うのですが、
それは湿気が原因でそのような事態になってしまっています。

湿気対策

換気をしっかりと行う
 

浴室や室内は、空気の流れを考えて、換気をしっかりとする事をおすすめします。

晴れた日は、特に換気をする事で、湿気を抑える事が可能です。
換気の際のポイントですが、1カ所窓を開けたのであれば、その対角線にある窓も開ける事で、空気が流れます。

 
浴室の換気扇は、常にまわしておく
 

浴室の湿気対策は、お風呂が終われば、
冷たい水のシャワーで暖かい空気を冷やし、

その後で水滴を残さないように掃除をするようにします。
そして、換気扇を常時回しておきます。

電気代が心配だと思う方も多いかもしれませんが、
換気扇をずっとつけていたとしても、一ヶ月の電気代は数百円で済むようです。

 
新聞紙を置く
 

新聞紙は、湿気を吸い取ってくれる優秀な素材です。

押し入れクローゼットの様な湿気がたまりやすい場所に
敷いておくだけで、湿気を少なくする事が出来ます。

また、洗濯物を部屋干しする時にも敷く事をおすすめします。
これだとお金がかからないので、一番実行しやすい対策なのではないかと思います。

 
保冷剤で湿気を取る
 

各家庭には必ず1つは保冷剤があると思います。

その保冷剤を扇風機に当てる事によって、湿気を取る事が可能です。

ただし、水滴が垂れてくるので、濡れないように受け皿の様な物を置いておく必要があります。

 
乾燥剤を使う
 

何らかの事情で、クローゼットを開けて空気の入れ替えが出来ない場合は、
乾燥剤を使用するといいでしょう。

市販の物でも良いのですが、
例えばお菓子袋に入っている乾燥剤や、靴や鞄を購入した時に入っている乾燥剤を集めて、
可愛い袋に入れると、手作りの乾燥剤が完成します。

sponsored link


いかがでしたでしょうか。このように、湿気対策には、様々な方法があります。

自分の工夫次第で手軽に出来るものもあれば、少しお金をかけないと出来ないものもあります。

我が家が行っていて「一番効果がある!」と感じたのは、きちんとした換気と、新聞紙を使う事です。

晴れた日は、窓やクローゼットを開け放ち、
クローゼットの床部分、シューズクローゼットには、新聞紙を敷いています。

また、市販の除湿剤も下の方に置いています。

これらをきちんとこまめに行う事で、湿気から来る問題も解決するのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です