蒸し暑い梅雨時期!食中毒に気をつけるには?健康対策を紹介!

sponsored link

じめじめしていて、蒸し暑い梅雨時期になってくると、食中毒の心配が出てきます。

食中毒は、「生魚や生肉を食べるから起こるのでは?」
と思っている方もいるかと思いますが、そうではありません。

食中毒は、5月から9月にかけて起こりやすいと言われています。
食中毒を引き起こす菌にとって、湿気は、とても良い環境になってしまいます。
なので、6月頃の梅雨時期は、食中毒が多いとされています。

油断するとどんどん増えてしまうので、きちんとした対策が必要です。

 

食中毒とは?

食中毒の原因には、細菌ウイルスがあります。

梅雨の時期に発生する食中毒の原因のほとんどが、細菌が原因のものと言われています。

良く知られているのは、O-157サルモネラ菌腸炎ビブリオカンピロバクターではないでしょうか。
細菌は、温度や湿度が最適なものになると、どんどん増えていってしまいます。
目に見えないので分からないと思いますが、梅雨時期は、細菌が好む環境になりやすいので、十分な注意が必要です。

食中毒の症状

食中毒になってしまった場合の症状ですが、多くの場合は、腹痛が起こります。

そして下痢血便吐き気発熱頭痛倦怠感激しい胃腸炎嘔吐脱水症状が出てきます。

乳幼児や高齢者、抵抗力が弱まっている人は重症になりやすく、
死につながってしまうこともあるので、食中毒対策はきちんと行う必要があります。

食中毒にならないための対策

食中毒を防ぐための対策としてよく使われているのが、
「付けない」「増やさない」「やっつける」ということです。

 
付けない
付けないとは、手をしっかりと洗うことです。

手には、たくさんの菌がついています。
特に外から帰ってきたときは、黴菌だらけになっています。
したがって、料理を始める前や、おむつを替えた後、
生ものを扱った後や扱う前、食事をする前には、きちんと隅々まで手を洗うことが大切です。

また、まな板にも菌は、付きやすいです。
様々な食材を調理するので、食材が変わるごとに殺菌することをおすすめします。

できれば、生ものを扱うまな板とその他のものを扱うまな板は、分けた方が良いと思います。

 
増やさない
細菌ですが、細菌は、湿度高い温度を好みます。
反対に、10℃以下だと菌の増え方はゆっくりになり、マイナス15℃以下だと全く増えません。

食材を管理する時には、このことを覚えておくと良いです。
ですが、冷蔵庫に入れていても菌が増えてしまう場合もありますので、気をつけておく必要があります。

 
やっつける
細菌は、熱に弱いということが分かっています。

特に、75℃以上になると細菌は死んでしまいます。
なので、梅雨時期には、肉や魚は、しっかりと火を通して食べることで食中毒が防げるようです。

また、まな板や包丁にも細菌はついてしまうことから、煮沸消毒をしてから使うことをおすすめします。

菌は、死滅するので、安心して使うことが出来ます。

 

もし食中毒の症状が出たら

食中毒のような症状が出たら、まずは、内科に行くことをおすすめします。
もし、胃痛が激しかったりする場合は、消化器内科でも良いのではないかと思います。

sponsored link


食中毒は、家庭でも起こりやすいとても深刻な問題です。

特に、毎日お弁当持参のお子さんをもつ人は、とても神経を使用すると思います。

基本的な対処法をしっかりと行い、
衛生的に過ごすように心がけることで食中毒は防げると思うので、食品を扱う時には、注意する必要があります。


sponsored link

コメントを残す