縮毛矯正の間隔期間に迫る!2回目の施術は、いつ行えばいいの?長持ちさせる方法も紹介!

sponsored link

縮毛矯正を受けると、髪は真っすぐにきれいになります。

ですが、それは、いつか落ちてしまう時期が来ます。
その時期が早いか遅いかは、受けた人の髪質やヘアサロンの技術によって変わってくるのですが、
必ず2度目の施術を受ける時期は、やってきます。

では、1回目の縮毛矯正をした後に、どのくらいの間隔を空けて2回目の施術を受けた方が良いのでしょうか。
今回は、縮毛矯正の間隔期間を紹介します。

縮毛矯正の間隔について

縮毛矯正を再度受けるときの間隔ですが、これは、個人差が大きいものです。

ですが、頻繁に受けるという事は、避けた方が良いと言われています。
それは、縮毛矯正が髪にかける負担が大きいからです。

あまりに間隔が短いと、髪は、相当なダメージを受けて痛んでしまいます。
1度痛んでしまった髪は、なかなか元には、戻らないので、出来るだけ間隔を空ける必要があります。

では、縮毛矯正を再び受ける時の間隔ですが、最低でも3ヶ月は、空けた方が良いと言われています。
また、一番最適な期間ですが、4ヶ月から半年は、空けると良いと言われております。

長さによっても空ける期間は、異なってくるようです。
例えば、ショートヘアの人の場合だと、2ヶ月ほどで再び施術を受けても良いようです。

縮毛矯正を受けるタイミング

縮毛矯正は、再び施術を行う時を考えてスケジュールを組まなければいけません。
梅雨時期は、髪がうねったり広がったり、トラブルが増えてきます。

その時に縮毛矯正を受ける事が出来ないとなると、
髪のセットも大変になると思うので、この時期に縮毛矯正が行えるようにしておくと良いのではないでしょうか。

縮毛矯正を長持ちさせるには?

縮毛矯正は、髪にダメージを与えるだけでなく、価格も高くなっています。

なので、再び受ける時期は、出来るだけ延ばしたいと考える人は、多いと思います。
縮毛矯正を長持ちさせる秘訣ですが、施術後は、トリートメントをこまめにしておくと良いと言われています。
トリートメントをきちんとする事で、効果は1ヶ月程伸ばす事が出来るようです。
また、施術後は、汗をかかないようにする事、帽子を被らないようにする事、施術後2日間ほどは、シャンプーを控える事、
髪をブローする事、耳にかけたりしない事、カットをする時には、すかないようにする事も効果的のようです。

sponsored link


縮毛矯正は、髪にとっては、とても負担の大きい施術です。

きれいなストレートを維持するには、何度も施術を受けなければいけませんが、
出来るだけその間隔は、長い方が良いとされています。

縮毛矯正をかけた後は、きちんとヘアケアを行い、
髪の扱いに気をつける事で、施術の効果を伸ばす事が出来ます。

まずは、担当の美容師さんに相談して、自分の髪質や状態等を判断してもらって次に施術を受ける時期を決めると良いのではないかと思います。

また、全ての髪を縮毛矯正する方法ではなく、
部分的に縮毛矯正で出来る方法もあるので、再度縮毛矯正する時には、相談してみる事をおすすめします。


sponsored link

コメントを残す