夏祭りは、甚平で決まり!甚平のおしゃれな着こなし術を紹介!

sponsored link

夏になると、通気性が良くて着心地の良い甚平を着る人は、多いと思います。

少し前までは、年齢層の高い、父世代以上の人達が着ていましたが、
最近では、若い人も着るようになりました。

また、外国の人にも気軽に着る事の出来る日本の伝統着という事で人気のようです。
ですが、若い人たちにとって、甚平をおしゃれに着こなすのは、なかなか難易度が高いようです。

では、甚平のおしゃれな着こなし方にはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、甚平のおしゃれな着こなし方法について紹介していきたいと思います。

甚平とは

まず、甚平について説明したいと思います。
甚平とは、夏場に着る着物の事で、男性子どもが着る着物の事です。

丈が短く、ボトムは、ショートパンツになっています。
外出着には、向かないので、部屋着として着るのが一般的です。
もし外出の時に着たいのであれば、花火大会や近所のお祭りなどに行く時に
浴衣代わりとして着る程度にとどめておくと良いのではないかと思います。

また、甚平は、基本的には、女性が着る物ではありません。
ましてや、女性が甚平を着て外出するというのは、着物の文化からすると非常識のようです。

最近は、時代が進み、文化も変わってきたので、女性の中には、甚平を着て外出するという人も出ていましたが、
それは、一般的ではないという事を覚えておいてほしいと思います。

女性でも、室内の部屋着として着るのはマナー違反ではないようなので、その程度にしておくことをおすすめします。

sponsored link

甚平の着こなし方

・色も柄も派手な甚平の場合

派手な甚平は、若い世代の人達が着るのにおすすめです。
ヒョウ柄であったり、大きめのマークがついている物も最近では、売られています。
そのような甚平を着る場合には、小物やヘアスタイルも辛口の物で合わせると良い着こなしになります。

例えば、サングラスをしたり、ヘアスタイルは、短髪で散らしてみたりすると、合うのではないでしょうか。

・シンプルなデザインの甚平の場合

シンプルなデザインの甚平は、多くの世代の男性に好まれるのではないかと思います。
その中で個性を出しておしゃれに着こなす場合は、ハットや足下にこだわると良いと思います。

例えば、デザイン性のある麦わら帽子やパナマハットをかぶってみたり、
足下は、甚平と同系色のサンダルやレザーサンダルを履くとおしゃれに着こなせるのではないでしょうか。

・奇抜な柄の甚平の場合

いかにも現代的なデザインの甚平の場合、
他の小物も足下も、普通は、甚平に合わせないような物をもってくると、面白いコーディネートになります。

例えば、だて眼鏡、甚平と同系色のブーツやごつめのスニーカー、リュックなど、
意外性のある物を選ぶと良いのではないかと思います。

・親子でリンクする

お父さんと息子とで甚平を着るというケースもあると思います。
そういうときは、親子で柄や色を合わせると、とてもおしゃれに見えるのではないかと思います。
それに女性であるお母さんが加わる場合は、
浴衣で色や素材感を合わせるとまとまりのある家族に見えるのではないでしょうか。

甚平は、夏ならではの服です。
機能的にも優れているので、1枚持っているととても快適に過ごせるのではないかと思います。

また、最近は、個性的な着方をしている人も多いので、
遊び心を持って甚平を着てみるのも楽しいのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です