お中元の相場っていくら?会社の上司に贈る、品物の平均金額、マナー、注意点を紹介!

sponsored link

お中元とは、日頃の感謝を伝えるために贈り物をするという事なのですが、
お中元を贈る時、多くの人がその金額に悩むのではないかと思います。

お中元を贈る相手には、仕事関連の人上司恩師、色々といると思いますが、
お中元を贈る時の相場とは、いったいいくらぐらいなのでしょうか。

そこで今回は、お中元の相場、マナーについて紹介したいと思います。

お中元の相場について

お中元の相場ですが、高すぎると相手に気を遣われてしまいますし、
反対に安すぎると失礼になってしまいます。

また、贈る相手によっても値段が異なってきます。
なので、だいたいの相場を覚えておくと、
どの相手にも失礼がなくお中元を送る事が出来るのではないかと思います。

・親へ送る場合:3,000円~6,000円
・友人や知人へ送る場合:3,000円~5,000円
・上司に送る場合:3,000円~10,000円
・取引先に送る場合:5,000円
・習い事などの先生:3,000円~5,000円
・仲人さんに送る場合:5,000円~10,000円

このように、平均3,000円~5,000円程度の品物を贈れば、失礼がないと思います。
最近では、お中元の品物も多岐に渡るので、
例え3,000円でも素敵な品物を選ぶ事が出来るのではないかと思います。

ちなみに、筆者は、茶道のお稽古でお世話になっている先生には、
毎年5,000円の商品券を贈っています。

何を贈ろうか迷った場合は、デパート等の商品券が喜ばれるのではないかと思います。

お中元を選ぶ時の注意

お中元を贈る時には、相場に見合った品物を選ぶ事が大切なのですが、
特に贈る相手に配偶者(奥様)がいる場合は、気をつけなければいけません。

女性は、お中元を贈る機会が多いので、品物の値段もある程度は、把握しています。
したがって、相場よりも低い値段の品物を送ってしまうと、すぐに気付かれてしまうので、注意です。
なので、必ず相場よりも高い値段の品物を贈る事をおすすめします。

また、1度お中元を贈った相手には、出来るだけ毎年贈る必要があります。
なので、今後も関係が続くような相手なのかどうかは、しっかりと見極める必要があります。

1度お中元を贈った場合、途中で贈らなくなるというのは、とても失礼になってしまいます。
なので、お中元を贈る時には、リストを作っておくと今後役立つのではないかと思います。

sponsored link

お中元の相場に見合った品物とは?

お中元によく贈られる品物としては、食料品関係が多くを占めるのではないかと思います。
その中でも人気なのが、ジュースコーヒーの詰め合わせではないでしょうか。
これらの商品は、3,000円程度でもしっかりとした贈り物になります。

また、夏場なので、素麺ゼリーも喜ばれるようです。
食料品関係以外だと、洗剤も喜ばれるようです。

 

カゴメ 国産フルーツジュースギフト【KAGOME りんご オレンジ ピーチ ぶどう フルーツジュース 果汁100% 高級 ギフトセット お中元 詰め合わせ 御中元】

 

 

お中元は、相手によって相場が異なってきます。

親族間でのお中元のやり取りもマナーに注意しなければいけませんが、
仕事関係のお中元の場合は、更に注意が必要になってきます。

相場が分かっていれば、あとは相手の好みを考えて選べば良いので、
お中元の相場は、必ず覚えておく事をおすすめします。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です