お中元!会社の上司に送るお礼状のマナーとは?ポイント、注意点を紹介!

sponsored link

会社の上司からお中元を頂くという事もあると思います。

お中元を頂いた場合、出来れば3日以内、遅くても1週間以内には、
お礼状を出すというのがマナーになっています。
それは、お中元の品が無事に届きましたという知らせと、それに対する感謝を述べるためです。

お礼状を送る事で、上司との関係もよりスムーズにいくのではないかと思います。

では、上司からお中元を頂いた時にお礼状を送る場合、どのような事に注意してお礼状を出せば良いのでしょうか。
そこで今回は、会社の上司に送るお中元のお礼状のポイント、注意点を紹介します。

お礼状を出す時の注意点やポイント

 
必ず手紙でお礼状を出す
最近では、インターネットの普及に伴い、手紙を書くという事も減ってきました。
ですので、お礼状もメールで済ませたいと思う人もいるかと思いますが、
お礼状をメールで送るというのは、マナー違反になってしまいます。

また、電話で済ませたいと思う人もいるかと思いますが、
それもマナー違反になってしまいます。

とりあえず、取り急ぎお中元が着いたという旨を知らせるのには良いですが、
その後は、きちんとお礼状を書いて送らなければいけません。

 
手紙ははがきでもOK
手書きであれば、はがきでも大丈夫です。

もちろん、便せんを使用して、きちんと書いても問題ありません。
一般的には、無地のはがきが推奨されていますが、
朝顔や海など、季節の絵が入ったはがきや便せんでも大丈夫のようです。
そちらの方が、季節感が出て良いのではないかと思います。

 
お礼状の書き方
お礼状の書き方ですが、一般的には、

•季節の挨拶
•安否を気遣う言葉

•日頃の御礼
•お中元を頂いた事に対する御礼
•相手の健康や家族の健康
•商売をしていたらそれの発展を気遣う言葉
•結びの言葉

の順に書きます。

お礼状には、お中元を頂いた事に対する御礼をきちんと書く事が大切です。
また、お中元の品に家族も喜んでいるという旨を書くと、
先方も嬉しく思うのではないかと思います。

また、上司であれば、今後も仕事をしていく上で「よろしくお願いします。」という事も伝えると良いのではないかと思います。
そして、暑い盛りなので、体調を気遣う言葉も入れるとより良いと思います。

 
例文を参考にしすぎない
最近は、ビジネスマナーを記した本やサイトの中に
お礼状の例文がたくさん記載されています。

それらを参考にするのは、もちろん良いのですが、
参考にしすぎると型にはまった文章になってしまいます。
なので、それらを丸々コピーしたような文章にはせず、
自分の言葉もきちんと入れるようにします。

sponsored link


お中元を頂いた時に送るお礼状を書くというのは、
緊張するという人も多いのではないかと思います。
特に、相手が上司の場合、失礼があっては大変と思い、
悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ですが、お礼状は、基本的には御礼を述べるためのものですので、
書き方のマナーを守り、感謝の気持ちを述べれば相手に伝わります。

なので、あまり緊張せず、素直に気持ちを書くと良いのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す