お中元の時期は、地域、地方によって違う!?贈る際のマナー、注意点を紹介!

sponsored link

お中元は、日頃の感謝の気持ちを贈る物になっています。

お中元の時期になってくると、誰にどのような物を贈ろうか悩む人も多いのではないかと思います。
また、お中元は、マナーを知っていないと、失礼になってしまう場合もあります。

では、お中元の時期やマナーには、どういった決まりがあるのでしょうか。
そこで今回は、お中元の時期、マナーについて紹介したいと思います。

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期ですが、地域によって異なるようです。

せっかく贈るのであれば、送り先の地域に見合った時期に贈ると、喜ばれるのではないかと思います。
時には、送り主の地域のマナーに合った時期にお中元が届く事があり、
早いなと感じたり、遅いなと感じる事があるかもしれません。
ですが、お中元には、地域差があるという事を覚えておき、柔軟に対応する事が大切ではないかと思います。

 
北海道地方
北海道にお中元を送る場合、7月下旬頃~8月15日前後までに送る事をおすすめします。
それ以降の場合、9月上旬までは、残暑見舞いとして送ると良いようです。

 
関東・北陸・東海地方
これらの地方にお中元を送る場合、7月1日~7月15日の間に送る事をおすすめします。
それ以降で、立秋までの間に送る場合は暑中見舞いとして、
立秋から9月上旬までに送る場合は残暑見舞いとして送ると良いのではないかと思います。

こちらの地方は、少し早めになっているので、送る準備は、早めにしておいた方が良いのではないでしょうか。

 
中四国・関西地方
これらの地方にお中元を送る場合、7月15日~8月15日の間に送る事をおすすめします。
関東地方に比べると、お中元として送る事が出来る期間が長いので、
準備も余裕を持って出来るのではないでしょうか。

それ以降で、9月上旬までに送る場合は、残暑見舞いとして送ると良いのではないかと思います。

 
九州地方
九州地方ですが、お中元を送る時期は、8月1日~8月15日までの間に送るのが一般的のようです。
それ以降で9月上旬まで送る場合は、残暑見舞いとして送ると良いようです。

このように、お中元を贈る時期には、地方差が色々あります。

たくさんのお中元を色々な地方に送る必要がある場合、
とりあえず7月15日に届くように設定しておけば、
大抵の場合は、マナー違反には、ならないのではないかと思います。

九州地方は、少し遅いですが、
最近では、お中元の時期を早くしようという動きが全国的にも見られるので、
7月15日に届くようにしても大丈夫ではないかと思います。

 

お中元を贈る時のマナー

 
送る場合
ただ単に品物を送るのでは、感謝の気持ちに欠けるのではないかと思います。
ですので、挨拶状を一緒に送ると、相手にも気持ちが伝わり好印象になるのではないかと思います。

最近では、デパートでも挨拶状を一緒に包んでくれるサービスもあるので、利用してみると良いのではないかと思います。

 
手渡しをする場合
お中元を先方に持って行く場合ですが、必ず訪れるという旨を連絡した上で行かなければいけません。
また、玄関先で渡すのではなく、相手の方とお部屋に入り、
相手の方が座った後に、宛名を相手の方に向けてきちんとお渡しします。

 
送る相手が喪中の場合
送る相手が喪中の場合でも、お中元を送る事は、可能ですし失礼にも当たりません。

注意すべき事は、のしの書き方と、送る時期です。
のしは、紅白の水引がついていないものにします。

また、四十九日があけていない場合は、送る時期をずらします。
もし、デパートなど店頭で注文する場合は、
相手方が喪中だと伝えるとそれに見合った対応をしてくれると思うので、相談してみる事をおすすめします。

sponsored link


このように、お中元には送る時期をはじめ、様々なマナーがあります。
お中元を送る際は、これらのマナーに注意することで、
お互いに気持ちのよい季節のご挨拶が交わせると良いのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です