子どもの夏バテは、食事で対策!原因、おすすめメニュー、対処法を紹介!

sponsored link

毎年暑くなってくると、食欲が出ない、何となくだるさが抜けないなど、
夏バテに悩む大人が増えてくると思います。

ですが、夏バテは、大人だけがなるのではなく、子どももなってしまいます。
夏バテ対策には、食事が一番なのですが、
では、子どもが夏バテになった時のおすすめの食事は、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、子どもの夏バテに効く食事、対処法を紹介します。

子どもの夏バテ

子どもの夏バテの症状には、以下のようなものが挙げられます。

・体がだるそう
・下痢や便秘
・食欲不振
・やる気が起きない
・イライラしている
・吐き気
・立ちくらみ
・微熱

おおよそ、大人と同じような症状ではないかと思います。
原因ですが、1番考えられるのは、空調設備の整った環境に居すぎるため、
自律神経が乱れてしまうことではないかと思います。

特にクーラーは、快適ですが汗をかく事が出来なくなってしまいます。
その結果、自分で体温調節が出来なくなり、体のバランスがおかしくなってしまいます。
そのような事が、夏バテへとつながってしまうのです。

子どもの夏バテに必要な栄養素

 

・ビタミンB1
ビタミンB1が減ってしまうと、食欲がなくなったり、体が疲れやすくなってしまいます。
また、糖質をエネルギーに変えるとても大切な栄養素なので、積極的に摂取する必要があります。
例)豚肉、うなぎ

・ナイアシン
たんぱく質や脂肪をエネルギーに変える性質を持っているので、不足しないようにしなければいけません。
例)たらこ、まぐろ

・クエン酸
食欲がない時には、クエン酸が入っている物を食べると食欲増進につながります。
例)レモン、梅干し

sponsored link

夏バテにおすすめのメニューとは?

 

・ポトフ
ポトフがなぜおすすめかと言うと、
野菜をたくさん入れる事が出来、作るのも簡単だからです。
スープまでしっかりと飲む事が出来るので、栄養素もたくさん摂取する事が可能です。
入れる材料の例としては、
玉ねぎ、人参、じゃがいも、ブロッコリー、キャベツ、アスパラ、豚肉や鶏肉、トマト、かぶなど
が挙げられるのではないかと思います。

 

・夏野菜カレー
夏野菜をたくさん入れる事が出来、
スパイスの香りで食欲増進が期待出来るので、おすすめです。
お肉は、豚肉を使うとさっぱりと食べれるのではないかと思います。

その他の材料としては、なす、トマト、ゴーヤ、ズッキーニ、玉ねぎ、人参、じゃがいもが挙げられます。

 

・野菜ジュース、スムージー
どうしても食欲がないときは、ジュースやスムージーにしてあげると
野菜や果物を摂取出来るのではないかと思います。
バナナやリンゴ、ゴールデンキウイをベースに、
小松菜やほうれん草などを一緒に入れると、栄養も出てくるのではないかと思います。

 

・鶏肉のさっぱり煮
クエン酸の力で食欲を上げたい時におすすめです。

鶏肉や卵、ブロッコリーや大根などを、お酢やお醤油で煮込みます。
甘くて少し酸味のある味はとてもくせになり、どんどん食べる事が出来るのではないかと思います。

 

・豚しゃぶサラダ
豚肉をさっと茹でるので、とてもさっぱりと食べられるサラダです。
一緒に添える野菜には、トマトやキュウリ、レタス、人参、おくらなど、
様々なものが考えられるのではないでしょうか。
玉ねぎのスライスを添えても良いと思います。

 

子どもは、自分の体調の変化を上手く伝える事が出来ない時があります。
夏場、子どもの体調に少しでも変化が見られたら、
まずは食事から改善していく事で夏バテせずに夏を乗り切れるのではないでしょうか。


sponsored link

コメントを残す