犬の夏バテの症状とは?様子をチェックして正しい方法で対策をしよう!

sponsored link

夏バテは、人間だけが起こる症状だと思っている人も多いのではないかと思います。

ですが、犬でも夏バテを引き起こしてしまう可能性があります。
大切な愛犬が夏バテになってしまったら、とても心配ではないでしょうか。

また、夏バテの症状を見逃して放っておいてしまうと、
大変な事になってしまう事も考えられます。

では、犬の夏バテの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、犬の夏バテの症状、対策について紹介いたします。

犬の夏バテ

犬は、暑さが苦手で、暑さには弱いと言われています。

なので、夏場の犬のケアには、十分注意する必要があります。
犬がなぜ夏バテになってしまうかという点についてですが、
犬は汗腺が少なく、体温の調節が苦手な生き物です。
体温調節が出来ないと、胃腸に大きな負担がかかってしまい、
食欲が落ちる等、夏バテの症状が出てきます。

夏バテの具体的な症状

・いつもより体が熱い
・呼吸が早い
・上手く歩行ができない、呼んでも来ない
・舌がだらんと下がっている
・よだれがとても多い
・目に覇気がない
・痙攣している
・意識がなくなっている
・いつも食べているものを食べなくなる
・嘔吐、吐いている
・便がいつもと違う
・散歩に行きたがらない

犬の夏バテの症状には、以上のような事が挙げられます。
この他にも、いつもと違う様子が見られたら、獣医さんに受診してもらう事をおすすめします。

注意したい犬種

夏バテは、どの犬でも起こる事ですが、特に注意しておきたい犬種もいくつかあるようです。
パグボストンテリアシーズー等、いわゆる鼻がペチャッとしている犬種は、
呼吸が苦手な犬種と言われています。
熱を逃がす事も苦手なので、注意が必要です。

ダックスウエルッシュコーギー等の足が短い犬種は、
地面と胴との距離が短いので、熱を受けやすいです。
お散歩は、地面の熱が下がった頃に行く事をおすすめします。

シベリアンハスキーボルゾイは、寒い地方の犬種なので、
基本的に暑さには弱いです。
なので、夏場には特に注意が必要ではないかと思います。

その他にも、子犬年老いた犬太りすぎの犬も夏の暑さには、
弱いと言われているので、注意してお世話をしなければいけません。

sponsored link

夏バテの症状が出たら

犬に夏バテの症状が出た場合、首の付け根を冷やしてあげる必要があります。

また、水を口に持っていってあげると少しでも水分摂取になるので、こまめにしてあげましょう。
食欲や水分摂取が十分でない場合は、早めに獣医師に診てもらう必要があります。

夏バテ対策

愛犬が夏バテにならないようにするには、生活の中で色々と工夫が必要になってきます。

例えば、
「日中の気温が高い時にはお散歩を控える。」
「室内温度が高いようであれば、クーラーを使う。」
「保冷剤やクールジェルマット等を使い、犬の体温を下げるようにする。」
「食事を食べやすいように調理してあげる。」
「出来るだけ犬が快適に過ごせるようにする。」

このような方法を行うと、夏バテも避けられるのではないかと思います。

 

犬にとって夏バテは、命に関わる症状ではないかと思います。
犬は、人間のようには話せないので、飼い主がこまめに様子を確認して、
いつもと様子が違わないかどうかチェックする事が大切になってきます。

たかが夏バテと侮らず、しっかりと対処や工夫をしてあげる事で
愛犬も夏を快適に過ごす事が出来るのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す