夏バテの症状をチェック!めまい、嘔吐、下痢…。原因、なりやすい人について紹介!

sponsored link

蒸し暑い日が続いたり、猛暑日が続いたりすると、
なんとなく体の調子がおかしいと感じる人も多いのではないかと思います。

それは、もしかしたら夏バテを起こしている可能性が考えられます。
では、夏バテの症状にはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、夏バテの症状、なりやすい人、原因について紹介したいと思います。

夏バテかどうかのチェック

以下の項目のうち、1つでも当てはまれば、夏バテになっている可能性が考えられます。

□食欲が出ない、わかない
□吐き気が続く
□下痢や便秘が治らない
□頭痛がする
□微熱が続いている
□倦怠感がある
□なかなか集中力が続かない
□寝起きや寝付きが悪い
□めまいがする
□体が浮腫む
□イライラする

これらは、典型的な夏バテの症状です。
なぜ夏バテになってしまうのかについてですが、
夏バテは、自律神経の乱れから起こってしまうと言われています。

自律神経は、血圧や体温に加え、食べ物の消化や心臓の鼓動をコントロールしています。
したがって、この自律神経が乱れてしまうと、体に不調が出てきてしまいます。

また、脱水症状栄養不足も夏バテを引き起こしてしまう要因と言われています。
夏は、汗をかくので、体の水分は自分が思っている以上に失われていってしまいます。
なので、意識的に水分を摂取しなければ夏バテになってしまう可能性があります。

夏バテになりやすい人とは?

では、どのような生活をしている人が夏バテになりやすいのでしょうか?

 
冷房の設定温度が低く、いつも冷たい風に当たっている
室温が低すぎると、体が冷えて血液の流れが悪くなってしまいます。
そうなると、自律神経にも悪影響が出てしまいます。

 
湯船につからず、シャワーだけで済ませてしまう
湯船につかる事で、自律神経を整える事ができます。
暑いからと言ってシャワーだけで済ませてしまうのは、出来るだけ避けた方が良いと思います。

 
食欲がないからと言って軽く済ませたり、抜いたりする
夏バテ改善、そして予防には、食事がとても大切になってきます。
必要な栄養素を摂取しないと、夏バテは、ますます悪化してしまいます。

 
暑いからと言って、冷たい物ばかり飲んでしまう
冷たい物は、美味しいですが、体を冷やしてしまいます。
その結果、胃腸の働きを弱めて食欲がなくなったり、体がだるくなったりしてしまいます。

 
睡眠時間が短くなってしまう
→疲れているのに眠らないと、疲労感が取れません。
疲労感が溜まると、これも自律神経に悪影響が出てきてしまいます。

 

sponsored link


たかが夏バテだと侮っていては、
いつまで経っても体調は、優れないのではないかと思います。

もし自分が夏バテかなと思ったら、まずは生活環境から変える事をおすすめします。

初めは、慣れなくて難しいかもしれませんが、
だんだん体も慣れてきてラクになってくると思います。

また、めまいや頭痛がずっと治まらないようであれば、
熱中症も考えておかなければなりません。

自分で判断せずに、きちんと病院で診断、手当をしてもらうようにすべきではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です