熱中症!頭痛、痙攣、嘔吐は救急搬送レベル?症状、原因、対処法を紹介!

sponsored link

暑さが厳しくなってくると、気になってくるのは、熱中症ではないかと思います。

毎年、熱中症で亡くなるというニュースもたくさん報道されるので、
気をつけなければいけない病気ではないでしょうか。

では、熱中症の症状には、どのような事が挙げられるのでしょうか。
そこで今回は、熱中症の原因、症状を紹介していきます。

熱中症の症状

□筋肉痛、筋肉の痙攣
□体がだるい
□吐き気がする
□体が異常に熱い
□呼んでも応えない
□まっすぐ歩けない
□水分摂取が出来ない

熱中症の症状には、上記のような症状が挙げられます。

体がフラフラする症状や、筋肉痛こむら返り異常な発汗
熱中症の症状の中でも軽度の症状になるので、その場の対応で回復させる事が可能です。

頭痛がしたり、吐き気があったり、嘔吐してしまう程の症状は、
中度の症状で、救急搬送をしなければならないレベルの症状です。

意識がなかったり痙攣を起こしたり、異常な体の熱さは、
高度の症状なので、救急搬送後、入院して集中的な治療が必要になってきます。

熱中症かもしれないという人を見かけた場合は、
症状をよく見て適切に対処する必要があるのではないかと思います。

なぜ熱中症は起こるのか?原因とは?

熱中症は、気温湿度が高いと起こりやすいと言われています。

このような環境だと、体の熱が外に発散されにくくなり、
とくに体温調節機能が未熟な子どもや高齢者は、熱中症になりやすいようです。

また、気温が高いときに運動をしていても熱中症になりやすいようです。
特に、十分な水分摂取をせずに運動を続けている場合は
脱水症状を引き起こした上に熱中症になってしまうので、注意が必要です。

熱中症になりやすい人

 

□子ども
子どもは、体温の調節機能が未熟です。
したがって、気温や湿度の変化の影響を受けやすいので、
熱中症になりやすいと言われています。

また、言葉の発達も未完成な事から、暑い時に暑いと言いにくく、
服を脱いだり水分を取ったりする事も出来ないので熱中症になりやすいようです。

 

□高齢者
高齢者は、体温の調節機能がどんどん低下してしまうために、
熱中症になりやすいと言われています。

また、様々な機能が低下している事から、喉の乾きも認識しにくくなっており、
知らない間に脱水症状になってしまっていて熱中症になってしまうというケースが多いようです。

そのほか、体調が悪い時にも熱中症になりやすいといわれていますし、
肥満の人糖尿病の人肝臓病の人高血圧の人
熱中症になりやすいと言われているので、注意が必要です。

sponsored link

熱中症にならないようにするための対処法

□水分をこまめに摂取するようにする
□バランスのよい食事を心がける
□塩分を摂る
□エアコンを効果的に使う
□体温調節のしやすい服装になる
□炎天下での運動は避ける
□冷却シートなどを使い体温を下げる

 

熱中症は、甘く見てはいけない病気です。
処置をしないと亡くなる可能性も出てくるので、
夏には健康管理に気をつけなければいけません。

特に、子ども高齢者は周りの人が気にかけておかなければ、
熱中症の症状を見逃してしまうかもしれないので、注意が必要なのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です