残暑見舞いの時期は?いつ頃出せばいいの?上司や親戚に送る文例と一緒に紹介!

sponsored link

夏の挨拶には、暑中見舞い残暑見舞いがあります。

仕事でお世話になっている上司や、友人親戚などに出す人も多いのではないかと思います。

暑中見舞いは、梅雨明け頃から立秋頃までに出すものなのですが、
残暑見舞いはいつ頃に出すものなのでしょうか。
また、どのような書き方をすればいいのでしょうか。

今回は、残暑見舞いの時期、文例を紹介します。

残暑見舞い
出典:http://camiyasunsun.cocolog-nifty.com/

残暑見舞いを出す時期

残暑見舞いは、一般的には立秋を迎えてから8月末までに出すもと言われています。
立秋とは、二十四節気の1つで、1年の中で最も暑い日であり、同時に秋の始まりを意味します。

ちなみに、2015年の立秋ですが、8月8日になっているようです。

残暑見舞いの書き方

送る相手によって異なりますが、今回は一般、ビジネスと分けて紹介します。

 
1、基本的な構成
・「残暑お見舞い申し上げます。」から書き始める
→1番初めに、他の文字よりもやや大きめの文字で書くようにする。
・時候の挨拶
→立秋から8月末までの時候の挨拶を書く。
・相手の安否を尋ねる文章
→暑い日が続いていると思うので、相手はどうしているかきちんと気遣う。
・こちらの近況を伝える文章
→どのように過ごしているか詳しく書く事で、相手も手紙を読むのが楽しくなるのではないかと思います。
・相手への気遣いの文章
・日付
→8月○日とは書かず、平成○○年 立夏/晩秋と締めくくる。

 
2、残暑見舞いで使うフレーズの例
<時候の挨拶から相手を気遣う言葉>

(一般)
・立秋とは、名ばかりの暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
・今年は、残暑がことのほか厳しい中、いかがお過ごしでしょうか。
・相変わらずの暑さが続いています。皆様お変わりありませんか。

(ビジネス)
・本年は、立秋を過ぎても厳しい暑さが続いております。
・まだまだ残暑厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

<近況>
・おかげさまで、私もつつがなく過ごしております。
・私たちも、暑さに負けぬよう過ごしております。

これらの他にも、近況はより具体的に書くと良いと思います。
また、暑中見舞いなどを頂いている場合は、ここで御礼を書いても良いのではないかと思います。

<相手への気遣いの言葉>
・まだしばらくは、暑さが続くと思いますが、お身体に十分気をつけて、この夏を乗り切って下さい。
・暑さ厳しい折、どうかご自愛の上お過ごしください。
・まだまだ酷暑は続くようです。皆様くれぐれもご自愛ください。

sponsored link

3、具体的な例
<一般的な文例>
残暑お見舞い申し上げます。
立秋を過ぎても厳しい暑さが続いています。皆様はお変わりなくお過ごしでしょうか。
暑いさなかですが、私たちは○○に旅行に行く計画を立てております。
避暑地ですので、少しでも秋を感じる事が出来たらなと思っております。
まだしばらくは、暑い日が続くようですので、どうぞご自愛のうえお過ごしください。

<ビジネス>
残暑お見舞い申し上げます。
立秋とは名ばかりの暑さが続きますが、お健やかにお過ごしでしょうか。
また、家族の皆様もお健やかにお過ごしでしょうか。

今年は思いがけず長い間のお休みを頂く事が出来たので、○○に家族旅行へ往こうと思っております。
しっかりリフレッシュして帰ってきましたら、今まで以上に仕事に邁進したいと思います。
しばらく暑い日が続きますが、お身体にお気をつけてお過ごしください。

 

残暑見舞いには、色々な書き方があります。
送る相手によっては文章も少しずつ変わってくるので、
相手に合った書き方をすることを心がける必要があります。

また、送る時期も決まっているので、時期を見て失礼のないように送る必要があるのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です