七五三!男の子は何歳の時にお祝いするの?今更聞けない七五三の常識、由来を一挙公開!

sponsored link

小さい子どもがいると、
様々な年中行事をこなしていく事が多いと思いますが、七五三もその1つではないかと思います。

ですが、七五三は男女で祝う年齢が異なり、また地方によっても異なります。

では、男の子は、何歳に七五三のお祝いをすると良いのでしょうか。
今回は、男の子の七五三について紹介していきたいと思います。

 

403
出典:http://www.yosooikan-toyosaki.com

 

関連記事:七五三!女の子は何歳の時にお祝いするの?今更聞けない七五三の常識、由来を一挙公開!

 

一般的な年齢

男の子が祝うべき七五三の年齢ですが、
一般的には3歳5歳でお祝いをするようです。

3歳は髪置、5歳は袴着と呼ばれているそうです。

昔、子どもは3歳までは髪を剃っていて、髪置を迎えると伸ばしていたそうです。
また、男の子は5歳になると袴を着るようになっていたので、袴着と言われるそうです。

ちなみに、2015年の七五三ですが、数え年だと
平成25年(2013年)生まれの男の子、平成23年(2011年)生まれの男の子、満年齢だと平成24年(2014年)生まれの男の子、平成22年(2010年)生まれの男の子が該当します。

数え年・満年齢とは?

数え年:生まれた年を1歳とする数え方の事を言います。昔からある数え方です。
満年齢:生まれた年を0歳とする数え方の事を言います。最近では、満年齢の方がよく使われています。

お祝いの年齢は地方によって異なる場合もある

男の子の場合、一般的には3歳と5歳でお祝いをするという人が多いようですが、
地方によって異なる場合もあるようです。

例えば、5歳のみお祝いをするというところもあるようですし、
北海道ではそもそも七五三のお祝いをしないというケースもあるようです。
なので、迷った時は住んでいる地域の傾向を見て決めると良いのではないかと思います。

sponsored link

兄弟が居る場合

兄弟が居る場合、1人1人のお祝いをするのは、
大変と思うお父さん、お母さんも居るようです。

そういう場合は、上の子が5歳、下の子が3歳の時に一緒にお祝いをするというケースもあるようです。
もし年齢差でそういった事が可能の場合は、1度にまとめて祝うというのも1つの方法ではないかと思います。

ちなみに筆者の子ども達も5歳と3歳で七五三をする予定です。

ですが、3歳の記念も残しておきたいというのもあるので、
簡単な成長の記録として記念写真だけは、撮影しに行こうかなと考えています。

七五三参りに行く日

基本的には、11月15日が多いようです。
2015年は11月15日が日曜日なので、参る人も多いのではないかと思います。

ですが、その日にどうしても行かなくてはいけないということではなく、
10月から11月末までに行けば良いようです。
もし可能であれば、仏滅や赤口といった日は避ける事をおすすめします。

初穂料について

お参りの際に納める初穂料ですが、だいたい3千円〜1万円の間で包むという人が多いようです。
ですが、おおよその人は間の5千円を包む場合が多いようです。

また、地域によっても異なりますし、神社によっては決まっているところもあるので、
きちんと下調べを行うようにする事をおすすめします。

 

007024
出典:http://lifehinto.info

 

七五三のお祝いに関しては、色々と決まり事もありますが、
最近ではあまり細かい事は気にせず、お祝いをするという家族も増えているようです。

子どもの成長をお祝いしようとする気持ちが大切なので、最低限の決まり事さえ守ればあとは、
その家族の考え方でお祝いをすれば良いのではないかと思います。

 

関連記事:七五三!女の子は何歳の時にお祝いするの?今更聞けない七五三の常識、由来を一挙公開!

 


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です