七五三!女の子は何歳の時にお祝いするの?今更聞けない七五三の常識、由来を一挙公開!

sponsored link

子どもの成長を祝う行事の1つに、七五三というものがあります。
七五三は、男女によって祝う年齢が異なるのですが、
では、女の子の場合、何歳の時に七五三のお祝いをするのでしょうか。

今回は、女の子の七五三について紹介していきたいと思います。

 

tiger
出典:http://www.paylessimages.jp

 

関連記事:七五三!男の子は何歳の時にお祝いするの?今更聞けない七五三の常識、由来を一挙公開!

 

女の子の七五三

女の子の場合、満3歳満7歳の時にお祝いをするのが一般的のようです。

2015年の場合だと、満3歳は平成24年(2012年)生まれ、満7歳は平成20年(2008年)生まれの子が該当します。

また、地域によっては数え年で祝うという所もあると思います。
数え年の場合だと、平成25年(2013年)生まれ、平成21年(2009年)生まれの子が該当します。

お祝いの由来

3歳でのお祝いは、髪置と言って、髪の毛を伸ばし始めても良いとされる年齢に達した事をお祝いします。
昔は、3歳頃までは男女ともに髪の毛を剃っていたので、そういったお祝いが作られたようです。

また、昔は3歳になるまで生きるのが難しかった事から、
ちゃんと3年生きて来れたという意味もあるようです。

7歳でのお祝いは、帯解きと言って、女の子が着物を着て、
帯を締めて大人と同じような服装になるお祝いをします。

sponsored link

お祝いをする時期

七五三は、毎年11月15日とされていましたが、
最近では10月半ば頃か11月末の間で、都合がつく日、
もしくは縁起のいい日に行う人が多いようです。

ですので、11月15日に必ずお祝いしなければならないという事ではないようです。

兄弟が居る場合

兄弟がいる場合ですが、上の子の年齢に合わせて下の子も一緒にお祝いをするという人も最近では増えているようです。

例えば、上の子が5歳、下の子が3歳の時にまとめてお祝いをするという家庭も増えてきているようなので、柔軟に対応すると良いのではないかと思います。

お参りや写真撮影の着物はどうするべきか

女の子の七五三と言えば、着物を着せたいと思う人は多いと思います。
そこで気になるのが、購入した方が良いのか、レンタルした方が良いのかについてではないかと思います。

もし記念に残しておきたい、下に妹が居るので「また着せたい。」という場合であれば、
購入しても良いのではないかと思います。

そうでなければ、レンタルでも良いと思います。
最近は、貸衣装のお店だけでなく、写真館でもレンタルが可能です。
そのままお参りにも行けたりするので、とてもありがたいサービスではないかと思います。

ただ、お店によっては種類が少なかったり、着物の質が良くなかったりするので、
希望の着物を着せたい場合は早めに行って選んで予約をしておく事をおすすめします。

 

503
出典:http://www.shashinkan.ne.jp

 

七五三は、子どもの成長を祝う大切な行事ではないかと思います。
お祝いする年齢は決まっていますが、最近ではどの家庭も柔軟に考えているところが多いようです。

なので、あまりきっちり考えずに、気持ちの余裕をもってお祝いが出来ると良いのではないかと思います。

ただ、衣装に関しては早め早めの行動が良いようなので、
それだけは忘れずに行うと良いのではないかと思います。

 

関連記事:七五三!男の子は何歳の時にお祝いするの?今更聞けない七五三の常識、由来を一挙公開!


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です