毎年恒例の「ディズニーハロウィーン」とは?開催期間、ルール、テーマについて紹介!

sponsored link

東京ディズニーランドディズニーシーでは、
毎年様々なイベントが行われています。

その中でも、秋におすすめなのがハロウィンのイベントです。

では、東京ディズニーランドやディズニーシーで行われるハロウィンイベントとは、どのようなものなのでしょうか。

今回は、「ディズニーハロウィーン」について紹介していきたいと思います。

 

ディズニーハロウィーン
出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

 

開催期間

2015年のディズニーハロウィーンは、
9月8日火曜日〜11月1日日曜日まで行われます。

東京ディズニーランドでは、9月8日火曜日〜9月14日月曜日
10月26日月曜日〜11月1日日曜日までです。

そして、東京ディズニーシーでは9月15日火曜日〜9月17日木曜日まで、
大人でも全身仮装をしてパーク内に入れるので、特に盛り上がるのではないかと思います。

テーマ

2015年のディズニーハロウィーンのテーマですが、
ディズニーシーは「ヴィランズ(=ディズニーのアニメに出てくる悪役の総称)一色の、クールで怪しいハロウィン」で、ディズニーランドの方は「ディズニーの仲間と陽気なおばけ達によるハロウィーン・フェア」となっているようです。

ディズニーシーでは、ディズニーの悪役達による怪しげで少し大人な雰囲気のハロウィンが楽しめるのではないかと思います。

普段は、主役ではない悪役達の様々な姿が見られるのではないでしょうか。
一方、ディズニーランドでは、明るくて楽しい雰囲気の中で、
子どもから大人までハロウィンを楽しめるのではないかと思います。

sponsored link

仮装のルールとは?

仮装ですが、大人の仮装に関しては、部分的な仮装は期間の制限がありませんが、
全身の仮装は期間が限定されています。

小学生以下の仮装には期間は設けられていません。
また、ルールも色々と決められているので、しっかりと覚えておく必要があります。

ディズニーのキャラクター以外の仮装はしてはいけない事になっています。
例えば、ミッキーやミニー、アナやエルサの仮装は可能ですが、
パイレーツオブカリビアンのジャックスパロウなどの仮装はしてはいけないという事になります。

元の顔が分からないような気合いの入った本格的なメイクをする事や、
仮面をかぶる事、ヒゲをつける事というのは禁止されています。

露出の多い仮装は禁止されています。
ティンカーベルなどの仮装をしようと思っている人は、
露出を抑える工夫をしなければならないので注意が必要です。

長い棒や剣、杖などは持ち込めない事になっています。
キャラクターによってはそのようなアイテムを持っている場合もあるかと思いますが、
仮装では使えないので注意が必要です。

裾を引きずるような長いドレスや、全身タイツなどの衣装は、禁止されています。
ディズニーの中のプリンセス系のキャラクターは長いドレスを着ていますが、
仮装をする時には足が見えるくらいまで短くしなければいけません。

フードもハロウィン仕様

パーク内には様々な食べ物がありますが、ハロウィンのイベント開催中は、
それらもハロウィン仕様になるようです。

例えば、ポテトヘッドがドラキュラに扮したポップコーンバケット、
おばけかぼちゃ型に焼かれたミッキーとミニーのクッキーなどがあるようです。

パーク内の食べ物でハロウィンを楽しむのも良いのではないかと思います。

 

 

東京ディズニーランドやディズニーシーのハロウィンは、
毎年とても盛り上がっているイベントになっています。

混雑は必至かもしれませんが、行ってみる価値はかなりあるのではないかと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です