札幌で一度は行きたいオススメのジンギスカンを紹介!

sponsored link

札幌グルメ名物を言えば、味噌ラーメンや、お寿司、スープカレーを思い浮かべますよね。

そして、同じく思い浮かべる札幌グルメと言えば、「ジンギスカン」だと思います。

そこで、今回は、札幌のグルメ「ジンギスカン」を紹介したいと思います。

札幌といえばジンギスカンですが、

 

「ジンギスカン屋さんがたくさんありすぎて、どこに行けばいいかわからない。」

 

「どこがおいしいお店なのか知りたい。」

 

という悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで、札幌で一度は行きたいおすすめのジンギスカン屋さんを紹介したいと思います

 

だるま

すすきのにある創業60年の名店、「だるま」。

名店中の名店なので、一度は、聞いたことがある方や、実際に行かれたことがある方がいらっしゃるかも知れませんね。

成熟したマトンを七輪の上で焼き、お店自慢のタレで頂くおいしさ。

お肉は柔らかくてとてもジューシーです。

店内はカウンターになっていてズラっと七輪が置いてあります。

ジンギスカン一人前735円とリーズナブルなのも嬉しいところですね。

成吉思汗だるま本店は、札幌の街中に位置しているので、アクセスも良いですね。

観光でお越しの際は、ジンギスカンを堪能したのちに、ラーメンをはしごしても良いかも知れません。

定休日は、年末年始ということで、大方、営業していますので、

機会があれば足を運んでもみるのもよいかも知れません。

 

ツキサップジンギスカン倶楽部

オープンテラス付きのお店で「八紘学園」の農場敷地内に店を構えており、

北海道の自然を楽しみながらジンギスカンを食べることが出来る名店です。

お肉は、羊肉の本来のコクと旨みを備えた生マトンを使用。

このお肉を炭火で焼き自家製の醤油ベースダレにつけて食べる。

また、「ツキサップジンギスカン倶楽部」のソムリエが世界各国から選んだワインも絶品です。

sponsored link


 

ポッケ

こちらもだるま同様にすすきのに位置しているお店です。

札幌でジンギスカンを食べるとなると、上記でも紹介した、だるまだったり、

今回は紹介していませんが、札幌ビール園のジンギスカンホールキリンビール本館ふくろう亭などが候補として挙がってくると思います。

ただ、「ポッケ」は、地元民の知る人ぞ知る名店です。

私も、1度、足を運んだことがあるのですが、一度目は、お客さんが多くて、2時間待ちでした。

ですので、予約が必須かも知れません。

このお店の一番の魅力は、「塩ジンギスカン」です。

もちろん、生ラムや、味付けジンギスカンもメニューにはあるのですが、

このお店の売りは、何といっても塩ジンギスカンだと思います。

よく、ジンギスカンって特有の臭みがあって苦手という方も多いかと思いますが、

ここの塩ジンギスカンは、臭みがなく、なおかつ柔らかくて、秀逸な味わいです。ごはんがたまらなく進みます。

絶品かつ大満足です。

特に観光客は、北海道に足を運んだ時に、

 

「ジンギスカンを食べよう!」

 

と、旅行プランに入れていたりする方もいるかと思います。

その際は、ぜひ、一度、ポッケに足を運んでみても良いかも知れません。

 



 (Googleマップより引用)
 
以上が札幌で一度は行きたいおすすめジンギスカン屋さんの紹介でした。

名店から実体験を盛り込んだお店と紹介をさせて頂きました。

札幌だけなく、北海道という視点で見ると、まだまだ美味しいジンギスカン屋さんが数多く存在しています

その紹介については、またの機会にということで楽しみにしていてくださいね。


sponsored link

コメントを残す