ARC’TERYXやMYSTERY RANCH、人気リュックサックの機能的で頑丈な商品を紹介

sponsored link

リュックサックってみなさん一つはお持ちですよね?

最近では、バックパックとも言うみたいですが…。

そもそも、リュックサックは、仕留めた獲物を担いで下山するための狩人のために考案されたと言われています。

その後軍隊で使われ、後に登山で使われるようになったそうです。

昔からリュックサックは過酷な場所で使われており、より機能的で頑丈な物が好まれていたそうです。

つまり、私が言いたいのは、

「機能的で頑丈な物こそが本物のリュックサックと言えるのではないでしょうか?」

ということです。

そこで、今回は、機能的で頑丈なリュックサックを紹介していこうと思います。

sponsored link


 

ARC’TERYX(アークテリクス )ARROW22ℓ

こちらは、アウトドアウェア世界最高峰とも言われているアークテリクスのリュックサックです。

スマートなデザインの中にも機能的なポケットの位置、数、どれを取っても素晴らしいリュックサックだと思います。

中にはパソコンを収納できるポケットも付いており、アウトドア以外の使い方も考えられています。

背中の部分にはプラスチックの板が仕込まれており、中にどんなものを入れても背中が痛くなることはありません。

素材は強度、耐久性に優れているバリスティックナイロンを使用。

ジップは、撥水ジップを使用し、雨などの水が中に侵入しないように工夫されています。

私も使っていますが、非常に使いやすいです。

旅行などの遠出でずっと背負っていても、肩が痛くならず、とても楽なリュックサックでした。

大きすぎず、小さすぎずとタウンユースで活躍すること間違い無しのアイテムです。

 


 

KLATTERMUSEN(クレッタルムーセン) バックパック 30L ALLSVINN 30

1984年スウェーデンにて創業。リュックサック、ゲイター作りからスタート。

近年、KLATTERMUSENは自然を愛する者として、環境問題ににも取り組んでいます。

ヨーロッパでは彼らの環境取り組みやデザインが高く評価され、数々の名誉ある賞を受賞しています。

ロールトップの開口部は大きな荷物の出し入れがしやすく、

荷物のサイズに合わせてバック自体のサイズを調節できる非常に優れたリュックサックになっています。

素材は、撥水、耐久性に優れたリサイクルナイロンを使用しています。

ショルダーストラップとヒップベルトにより、骨格によって荷物を支え、筋肉への負担を軽減してくれます。

一見、デザイン性が強いバッグにも見られますが、そのデザインは全て意味があって付けられたというのもすごいところですよね。

本格的なトレッキングにはもちろん、タウンユースにも使い易いアイテムになっています。

 


 

MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)3DAY Assault

特殊部隊にも採用され、世界最高峰のバックパックとも言われています。

ミリタリー、森林消防隊、山岳ガイド、ハンター、救急医療隊など、過酷な状況下でバックを使い込む方達から絶大な支持を得ています。

素材は、500デニールのコーデュラナイロン。

1000デニールのコーデュラナイロンの方が耐久性には優れますが、

重量が倍になってしまうことと、耐水性は500デニールの方が優れているため、500デニールのコーデュラナイロンを使用。

フロントの撥水ジップは、Y型の3ジップにすることで大きな荷物の出し入れがし易くなっています。

中にはもともと通信器具を収納するためのポケットが付いており、普段使いではノートパソコンを収納することができます。

ミステリーランチでは、最高のバックパックを創るために、最高の部材を厳選しています。

 


 

以上が機能的で頑丈なリュックサックの紹介でした。

どれも耐久性、撥水性、使いやすさなどどれを取っても優れているリュックサックです。

私は、ミステリーランチが一番おすすめです。

やはり、世界最高峰」というところが魅力的ですよね。ただ、すこし値段が高い…(笑)

しかし、この三つのリュックは、どれを持っていても間違い無しです。

一生モノになると思います。

すこし値段が高いかもしれませんがここは奮発してもいいと思います。


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です