冬の季節に北海道旅行をするなら重ね着がおすすめ!

sponsored link

年末年始の旅行の計画は、もう立てられましたか?

 

「冬は寒いから暖かいところに行きたい!」

 

という方がほとんどだと思いますが、

あえて北海道に行きたいという方も多いのではないでしょうか。

ただ、北海道の冬は日本で一番寒いところですので、

 

「どういう服装をすれば良いか、わからない。」

 

という方も多いと思います。

そこで、生まれも育ちも北海道の私が北海道の冬の服装について解説していきたいと思います。

 

上着は重ね着がおすすめ

北海道、札幌市の冬の気温は、12月平均-1度、1月平均-3度、2月平均-4度と非常に冷え込みます。

夜になると、-10度越えたりする日も存在するので、昼間と同じ格好するのは、非常に危険です。

対策としては、ズバリ「重ね着」をすることです。

昼間は、ユニクロのヒートテック、シャツ、パーカー等、ダウン等のアウターを重ね着して過ごし、

夜になったらアウターの下に厚手のニットなんかを着たりするといいと思います。

 

外は寒くても、室内は暑い?

札幌の冬は外が極寒ですが、

空港や駅、デパート、観光施設等の室内は暖房が強めになっているため、

この服装のまま入ると汗をかくぐらい暑いです。

このように温度差が激しいため、旅行に来ても風邪を引いてしまう恐れがあります。

冬の札幌では、室内に入ると温度調節のため、アウターを脱いで手で持って歩いている人もよく見られます。

ここで注意点なのですが、いくら暑くてアウターを脱いでも中に着ている服がシャツ一枚とかであると流石に寒いです。

なので、室内にいても暑すぎず、寒すぎない服装をしといたほうがいいと思います。

ホテルの部屋なんかで試してみるといいと思います。

 

男でもレギンスを履くのがおすすめ

女性の方はよく履かれていると思いますが、

冬の北海道では男性の方でもズボンの下に重ね着していている方が多いです。

ジーパン一枚なんかでは、冬の北海道を歩くのは厳しいと思います。

女性の方でもレギンスを3枚で重ね着している方もいるぐらいです。

男のレギンスを購入する場合は、ユニクロのヒートテックがおすすめです。

お値段は、1,200円程なのでリーズナブルですし、

ユニクロなら札幌駅周辺にも3店舗以上ありますので、いつでも買いに行けて、おすすめです。

また、レギンスを履くときは、靴下の下に履くと熱が逃げにくくなって非常に暖かいです。

 

靴は冬靴がおすすめ

まぁ、北海道民の方には「当たり前だ」と言われそうですが。

雪が降らない地域にお住いの方は、持っていない、もしくは売っていないのではないでしょうか。

札幌の大通り周辺だとドン・キーホーテや狸小路の靴屋さん等に当たり前のように売っています。

安くて2,000円前後ぐらいです。1月2月になると、どうしても路面が凍結しているため、必須アイテムになります。

また、路面が凍結していると足がとても冷たくなりますので、安すぎる靴だと少し心配ですね。

私のおすすめはアウトドアブランドのブーツです。

アウトドアブランドは、雪の上を歩くプロなので、その辺の機能は間違いないと思います。

sponsored link


 

マフラー、手袋、ニット帽は必須

まずは、「三つの首」を温めましょう。

首、手首、足首、この三箇所ですね。

首は、マフラー

手首は、手袋

足首は、レッグウォーマーをする事で体温が3度以上も上がるそうです。

ニット帽も耳を温めるのに必須です。

耳だけは昼間歩いていても、ちぎれそうになるくらい痛くて冷たいです。

耳当てでも大丈夫ですが、雪が降ったときのためにニット帽も一応持って行きましょう。

 


 

以上が北海道の冬の服装の解説でした。

札幌中心の説明になってしまいましたが、

海の近くに行かれる方(函館や道東の方等)は、海風によって雪は札幌に比べて少ないかもしれませんが、

冬の海風は、とてつもなく冷たいのでカイロをたくさん持って行ったほうがいいと思います。

また、服装もなるべく風邪を通さない格好をして行ったほうがいいです。

ダウンジャケットやマウンテンパーカー等がおすすめです。

北海道の冬は寒いですが、北海道といえば冬です。

料理も美味しい季節ですので、風邪に気をつけて楽しんでください。


sponsored link

コメントを残す