BIGBANG、公演終了後のラッシュを回避する交通アクセス情報と札幌ドーム座席表を公開!

sponsored link

来たる2014年12月20日(土)に札幌ドームでBIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 Xが開催されます。

2013年にも5大ドームツアーが行われ、2年連続での開催となります。

世界でも屈指の人気を誇るアーティストが2年連続で来日してくれることは珍しいことであると同時にまたとない機会だと思います。

そして昨年に引き続き、北の大地、札幌にも来日してくれるということで、北海道民としては嬉しい限りです。

冬の季節ということもあり、本州をはじめとした道外からも観光を兼ねて北海道、札幌に訪れるファンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回は、札幌ドームの座席表と公演終了後のラッシュを回避する方法をお伝えしていきたいと思います。特に、

公演終了後の帰りのラッシュをストレスに感じてしまう人もいるかと思いますので、その点に焦点を当ててお伝えしていきたいと思います。

 


 

札幌ドームの座席表

札幌ドームはスタンドの収容人数で見ても最大で、53,738人というだけあって、非常に大きなドームになっています。

国民的アイドルAKBや嵐なども札幌でコンサートライブを行う際は、札幌ドームが使用されています。

そのため札幌ドームではアリーナ席が固定化されていない傾向にあるので、

アーティストならびに公演ごとに座席表が異なります。ですので、詳しくはコチラを参照して頂ければと思います。

 


 

公演終了後のラッシュを回避する方法

公演終了後の誰しも抱える悩みとして、

 

「人が多すぎて、一向にして進まない。」

「1時間経っても駅までたどり着けない。」

「ラッシュを避けたいけど、公演は最後まで見たい。」

 

などがあると思います。

特に、今回の公演は、13:00開場、15:00開演のタイムスケジュールとなっています。

ですので、

 

「公演終了後も充分に札幌の夜を満喫する時間が用意されている!」

 

ことになると思います。

 

「こんなところで1時間、1時間30分と時間を使いたくない!」という方のために、

 

ラッシュを回避する方法をお伝えしたいと思います。

sponsored link


 

一般的な公共交通機関の利用の場合は地下鉄東豊線福住

札幌ドームの来場の際の公共交通機関は、地下鉄東豊線の福住駅です。

この駅が札幌ドームの最寄駅となっています。

東豊線福住駅から徒歩10分程度で札幌ドーム。

これが一般的な札幌ドームへの交通アクセスルートとなっています。

また、都心部でもある、さっぽろ駅までの所要時間は13分程度となっています。

公演終了後の案内としても、地下鉄東豊線福住駅へと誘導されると思います。

私も昨年のドームツアーに参戦した際には、地下鉄東豊線福住駅へと誘導された経験がありますので。

ただ、このまま地下鉄東豊線福住駅を利用してしまうと、

 

「人が多すぎて、一向にして進まない。」

「1時間経って、初めて駅まで辿りついた。」

 

という事態に、はまってしまいます。

しかし、札幌ドームから都心部、さっぽろ駅へのアクセスは、実は、他にも用意されています。

それが「シャトルバス」の活用です。

 

「シャトルバス」の活用でラッシュを回避することが出来る?

札幌ドームでは、大規模イベント開催時には、シャトルバスが「ノンストップ」で随時、運行しています。

当然、BIGBANGのイベントの際にも、シャトルバスは運航されます。

シャトルバス発着場所ですが、地下鉄南北線平岸駅と真駒内駅、地下鉄東西線南郷18丁目駅と新さっぽろ駅、JR白石駅となってます。

今回、おすすめする駅は、地下鉄南北線平岸駅地下鉄東西線南郷18丁目駅です。

 

■地下鉄南北線平岸駅

札幌ドームからの所要時間は25分となっています。

そして都心部のさっぽろ駅までは9分、また、全国的に有名な街、すすきの駅へは6分となっています。

占めて30分前後で都心部へ行くことが出来ます。

値段は、シャトルバスの大人料金が210円、子ども110円となり、

地下鉄南北線平岸駅からすすきの駅へは、200円となっていますので、410円です。

整理すると、所要時間は約30分、料金は410円です。

 

■地下鉄東西線南郷18丁目駅

札幌ドームからの所要時間は15分となっています。

そして都心部の大通駅までは14分となっています。

占めて、30分前後で都心部へ行くことが出来ます。

値段は、シャトルバスの大人料金が210円、子ども110円となり、

地下鉄東西線南郷18丁目駅から大通駅へは、290円となっていますので、500円です。

整理すると、所要時間は約30分、料金は500円です。

 

地下鉄東豊線福住駅からさっぽろ駅までの料金は250円と一番安いです。

スタッフの誘導に従い、地下鉄東豊線福住駅まで、長いこと歩き続けると、確かに一番、安い料金で、都心部までアクセスすることが出来ます。

 

人ごみが多すぎて一向に進まないストレス。

気づいたら駅まで1時間近く歩いた。

特に12月の冬は突き刺すような寒さ。

 

これらを全て回避することが出来るのが「シャトルバス」です。

料金は、200円程高くなりますが、それに勝るものを手にすることができるかも知れません。

是非、シャトルバスを活用してみてはいかがでしょう!


sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です