年越し蕎麦の由来や意味、食べるタイミングを解説!

sponsored link

今月で今年も終わってしまいますが、皆さんは年末をどのように過ごされますか?

家族で過ごされる方や恋人と過ごされる方、友人と過ごされる方等と色々ありますが、

ほとんどの方が家族と過ごされるのではないでしょうか。

年末になると楽しいテレビを見ながら、いつもより少し豪華な食事を食べられますよね。

そのあとに年越し蕎麦(そば)を食べて、年を越すというのが一般的な年越しだと思うのですが、

なぜ少し豪華な食事を食べて、お腹いっぱいになった後に、わざわざ蕎麦を食べるのでしょうか。

子どもの頃にも、

 

「どうしてこんな遅くに蕎麦を食べるのだろう?」

「どうしてお腹いっぱいなのに年越し蕎麦を食べなきゃいけないのだろう?」

 

と思ったことはありませんか?

気になって仕方が無かったので調べてみました。

そこで、今回は、年越し蕎麦の由来、意味、食べるタイミングを紹介させていただこうと思います。

 

年越し蕎麦の由来、意味

蕎麦は、他の麺類と比べて切れやすいですよね?

蕎麦が切れやすいということで、「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、

江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれたとされています。

江戸時代でも日本人の50%が、年越し蕎麦を食べていたそうです。

また、昔から蕎麦は体に良いものとされ、

食べると内蔵に溜まった毒を取り払ってくれると思われていたそうです。

そのため、新しい年を健康で迎えられるように、大晦日の夜にそばを食べたとされています。

他にも、蕎麦は、細長いということで、食べれば細く長く生き、健康になると言われています。

金箔を使って仕事をされていた職人さんが、床に落ちた金箔を取るために蕎麦だんごを使用し、

付着させながら取っていたということから、お金が貯まるという縁起になったそうです。

 

年越し蕎麦の食べるタイミング

ズバリ、大晦日であればいつでもいいようです。

夕食に食べる方や除夜の鐘を聞きながら食べる方、

大晦日のお昼に食べる方など色々な方がいらっしゃるようです。

食べる時間帯は様々で約5割の人は夕食に食べ、約5割の人は年を越す直前に食べるというデータがあるそうです。

また、年を越した後に食べるのは縁起が悪い(お金が貯まらない)とされています。

ちなみに、新潟県や福島県などの一部の地域では元旦に年越し蕎麦を食べるという風習もあるそうです。

 

年越し蕎麦の種類

一般的には、かけ蕎麦、もり蕎麦、ざる蕎麦なのですが、沖縄だと沖縄そばの方が多いみたいですね。

種類としては、どれを食べてもいいみたいですが、12月は新蕎麦が出回る時期ということで、蕎麦好きな方は、

より蕎麦の味がダイレクトに感じられるざる蕎麦やもり蕎麦にして食べる場合が多いようですね。

筆者は、住んでいる場所が北のほうなので、大晦日は、かけ蕎麦しか食べたことがありませんでした。

とは言え縁起物として食べるわけですから、お好みに合わせて食べるのが一番いいと思います。

sponsored link


 

以上が年越し蕎麦の由来、意味、食べるタイミングの解説でした。いかがだったでしょうか?

まさか江戸時代から続いているとは思いませんでしたよね。

そして、現在まで年越し蕎麦を食べる風習を続けている私たち日本人は、本当に真面目ですよね。

子どもの頃は、半ば無理矢理食べさせられた思い出がありますが、

いざ大人になって、年越し蕎麦の由来、意味等を知ると自ら食べたくなりますね。

美味しい年越し蕎麦を良いタイミングで食べて、良い一年を迎えましょう!

 


sponsored link

コメントを残す